タートルネックを着ると首や肩が凝る原因と4つの解決法教えます!

2

タートルネックのセーターを着ると、数時間後には肩や首がガチガチに凝るという経験をされたことってありませんか?

 

冬になると、冷たい空気から首周りを守りたくてタートルネックを着る人や、デザインが可愛くて着るという人もいますよね。

 

ところが着る度に、首や肩が凝って辛い目に合われる人も多いようです。

 

ではなぜタートルネックを着ると首や肩が凝りを起こすのか?

 

今回は、この身近な疑問についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク


 

タートルネックを着ると首や肩が凝るのはなぜ?

タートルネックは、たいして首周りに重さを感じることもないようにも思われがちですが、意外と首の筋肉にとってはストレスがかかっているものです。

 

普段首周りがスッキリとした服装をしている時には感じられることのない凝りですが、タートルネックを着た途端、無意識のうちに首の動きに制限をかけてしまったり、ほんの少しの重みが筋肉にとってのストレスになっていることもあり、首や肩周辺の筋肉の緊張や動きの制限による血行不良による凝りを起こし始めるのです。

 

また、首の動きに制限をかけるということは、首の筋肉の動きが減ってしまう分老廃物が溜まりやすくなり、血液の流れが滞ってしまうこともあります。

 

そのため、筋肉は次第に硬くなり始め、凝りを起こしてしまうのです。

 

首周りのスッキリした服装に比べてタートルネックは首や肩の凝りを起こしやすくなるのは、こうした要因が重なっているからなんですね。

 

ではどうしたらこの凝りを防げるのでしょうか?

 

それは、できるだけ首周りにゆとりのあるタートルネックを選ぶこと。

 

そして、首を動かすようにすることです。

 

とはいえ、凝りを防ぐために必要以上に動かすのも何となく恥ずかしいですよね・・・。

 

周りの目も気になりますし・・・。

 

気にするな!というのもなにか違うような気もします。

 

ただ、普段からタートルネックを着ている人は、あまり着慣れていない人に比べて凝りも起こしにくいのではないでしょうか。

 

それはやっぱり「慣れ」というところのチョッとした差なのかもしれません。

 

ただ、凝りを起こしてしまうのを防ぐ方法としては、先ほどもご説明したように、首周りにゆとりのあるタートルネックを着ることと、着ている間でもできるだけ首を動かすようにすることです。

 

筋肉にとって同じ姿勢をとり続けることは大きな負担でもあります。

 

タートルネックを着ていると、首をあまり動かさず同じ姿勢が多くなります。

 

そのため血流が悪くなって凝りを起こしやすくなってしまいます。

 

血液は、筋肉の収縮弛緩によってスムーズに流れることが出来るのですが、首を動かさないということは、こうした筋肉の働きを妨げているのと同じというわけです。

 

タートルネックで首や肩の凝りを起こさないようにするためには、今回ご紹介した

  • できるだけ首周りにゆとりのあるタートルネックを選ぶこと。
  • 首をできるだけ動かすようにすること。

この2つを意識してみて下さいね。

 

肩凝り首の凝り解消法

肩や首の凝りを起こしたら、血液の流れを良くするのが一番です。

 

首のや肩に効果的なストレッチをして筋肉を弛めてあげましょう。

 

まずは、肩甲骨を動かして、背中や首の筋肉を動かします。

  • 両腕を真上に上げて伸びをします。

この時肩甲骨が広がり、肩甲骨についている首や肩、背中の筋肉を同時に伸ばすことが出来ます。

 

次に首のストレッチです。

  • 頭の上に左手を乗せたら、ゆっくりと斜め左下に頭を押し下げていきます。

右側の首から肩までの筋肉が伸びるのを感じられましたか?

交互にゆっくりと行ってみて下さい。

 

最後は、首の後ろ側の筋肉を伸ばすストレッチです。

  • 両腕を頭の後ろで組んで、頭を前に倒します。

ただ頭を下げるよりも、腕の重さを利用する方がより筋肉を伸ばすことが出来ます。

 

これら3つのストレッチを行うことで首や肩、背中の血行不良が改善されて、凝りを解消することができます。

スポンサーリンク


 

ホットタオルで首周りを温めましょう

首が痛い・・・肩が・・・なんて時、湿布を貼るのも良いですよね。

 

でも、湿布がなかったらどうします?

 

そんな時に大活躍するのがホットタオルです。

 

フェイスタオルを1枚用意します。

 

水で十分にタオルを湿らせてしっかっりと絞ったら、レンジで30秒ぐらい温めます。

 

ぬるいなと感じられるようでしたら、も少し温めて下さい。

 

温まったタオルを首に乗せます。

 

ホットタオルの熱が、緊張して硬くなった筋肉をじんわりとほどいてくれますよ。

 

ホットタオルでしたら、どのご家庭にもあるタオルを使って簡単に出来るので是非お試し下さい。

 

まとめ

タートルネックを着ると、首や肩が凝るからといって着るのを控えてしまい、オシャレを楽しめないでいる人もいますよね。

 

でも、今回ご紹介した

  • 首周りに余裕のあるタートルネックを選ぶ
  • 首の筋肉をこまめに動かすこと

という2つのポイントを押さえていれば、もうタートルネックを着るのだって怖くありませんよ!

 

そして家に帰ってからのお手入れには、

  • 首や肩のストレッチ
  • ホットタオル

この2つで筋肉の緊張をほどいてあげることです。

 

そうすれば、翌日首や肩の凝りに悩むことだってなくなります。

 

さぁ、タートルネックを着てもっと冬のオシャレを楽しんじゃいましょう!

スポンサーリンク

 

当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ