「寝転んで足が真っ直ぐ上がらない」のは筋肉が縮んでいるから。



14

寝転がって足を上にあげたとき、

 

「アイタタタタタ!」

 

痛くて足が真っすぐあげられないってことないですか?

 

普段からストレッチをやっているような人であれば筋肉が柔軟なので、いとも簡単にこなせてしまうんですが、体が硬い人にとっては辛いポーズともいえるでしょう。

 

足を真っすぐあげられないということは、膝が曲がってしまう状態ですね。

 

下半身の裏側にあたる筋肉が硬くなっていて、伸びが悪くなっていることが原因です。

 

また、太ももの筋肉は骨盤と大腿骨からふくらはぎの骨の脛骨(けいこつ)と腓骨(ひこつ)についています。

 

ですから、太もも裏の筋肉が硬くなっていると、ひざ関節をしっかりと伸ばして上にあげることが出来なくなってしまうのです。

 

ではどうしたら膝を曲げずに真っすぐ上にあげられるようになるのでしょうか?

スポンサーリンク


 

足を真っすぐ上げられるようになるための準備!

太ももの裏の筋肉を、普段からあまり伸ばす動作をしていないと硬くなってしまっています。

 

ですが、勢いよく伸ばすと筋肉を傷めて炎症を起こしてしまいます。

 

まずは、筋肉を緩めることが大切です。

 

座った姿勢で太ももの裏の筋肉を揉んで柔らかくしましょう。

 

筋肉がほぐれて柔らかくなると血流が良くなり、それまで滞っていた老廃物の流れも良くなります。

 

というのは、筋肉が硬くなってしまうと血行不良を起こしやすくなるので、リンパ液の流れも悪くなってしまい、老廃物が溜まりやすくなってしまうのです。

 

 

 

今度は寝転がって足を上にあげて、ぶらぶら揺らしましょう。

17-crop

このとき膝は曲がっていても構いませんよ!

 

二足歩行で生活する私たちは、重力の働きによって血液や余分な水分のほとんどが下半身に溜まってしまいます。

 

こうしてぶらぶら揺らすことで、足の筋肉全体の緊張がほどけて、血液が心臓に戻りやすくなります。

 

足の血行が良くなってくるとだんだんとポカポカしてきますよ!

 

次に、ゆっくりと上にあげた足の膝を伸ばしていきましょう。

 

真上に上げるのははじめはキツイですよね。

 

その場合は、足の角度を下げてみましょう。

 

そして再度チャレンジしてみましょう。

 

初めから真上に上げるよりも、少しずつ角度を上げてやっていくのが良いでしょう。

 

毎日続けてやっていくと、筋肉が柔らかくなって足を真っすぐ上げることが困難ではなくなりますよ。

 

太ももの裏の筋肉が硬くなったままにしておくと、骨盤の歪みや下半身の冷えを引き起こしてしまいますよ。

スポンサーリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

太ももの裏の筋肉について知っておこう!

太ももの裏側の筋肉を、ハムストリングスと言います。

 

ハムストリングスとは、

  • 大腿二頭筋(だいたいにとうきん)
  • 半腱様筋(はんけんようきん)
  • 半膜様筋(はんまくようきん)

を総称したものを言います。

 

膝を曲げる・股関節を伸ばす・膝と股関節を外側、内側にひねる時に働く筋肉で、走ったり歩いたりの動作に貢献します。

 

立っているだけや座ったままの姿勢が多い人は、ハムストリングスを伸ばすことが少ないので硬くなってしまいがちです!

 

すると、

  • 骨盤の後ろ側が下に引っ張られて後傾してしまうので、猫背になり腰痛を起こしやすくなします。
  • ハムストリングスが凝り固まった状態が続くと、血流が悪くなって筋肉の代謝が落ちてしまうので、老廃物が溜まって脂肪がつきやすくなり、足が太くなってしまいます。
  • 下半身の巡りが悪くなり、冷えやむくみを起こしやすくなります。
  • 痛みや痺れなどの症状が表れる坐骨神経痛の原因になります。
  • ハムストリングスの衰えや使われなくなることが少なくなると、太ももが太くなる・お尻が垂れる原因につながります。

 

これらを防ぐためにも、ハムストリングスを柔らかくすることが大切です。

 

タオルを使ってストレッチ!

15-crop

タオル一枚を使ったストレッチもご紹介しますね!

 

寝転がって片方の足をあげます。

 

足裏にタオルを引っ掛けます。

 

ゆっくり膝を伸ばしましょう。

 

呼吸止めず勢いをつけずにゆっくり伸ばしていきます。

 

出来るところまでで構いませんので、毎日続けてやっていきましょう!

 

足の角度を低めの位置から始めることをおすすめします。

 

下半身太りが気になる人は⇒下半身太りに悩む女性達を救った大人気の骨盤補正下着ランキング

足の筋肉を弛めやすくするストレッチは⇒足の筋肉揺らしてほぐす。開脚がむくみ凝りを解消ブス足を救う!

骨盤の歪みが気になる人は⇒こりは骨盤の歪みの元!足の長さや左右の太さにまで違いが出る!

腰痛や下半身の不調に悩む人は⇒腰痛【ハムストリングスの凝り】が原因!腰痛以外の迫る危険etc。

スポンサーリンク

 

まとめ

1

体が硬いからと言って諦めてしまわず、根気よく続けていけば、真っすぐ上がらなかった足も少しずつ上げられるようになりますよ!

 

上がるようになれば血行が良くなって、足の疲れやむくみだって解消できるようになります。

今日から無理をしない程度に少しずつやってみて下さい。

21


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ