【足を伸ばして座れない】足上げ開脚で膝を伸ばしてラクラク長座!



2

足を伸ばして座る、長座ってやつですけど、楽なように見えて結構大変な座り方だったりするんですよね。

 

が硬いと、足を真っすぐ伸ばすことが出来なくて、結局お母さん座りやあぐらをかいて座りなおしてしまうんですよね。

 

じゃぁ、体のどの部分が硬くなると長座が出来なくなってしまうのでしょうか。

 

それは、下半身の裏側の筋肉です。

 

ちょっと下半身裏側の筋肉についてお話ししますね。

スポンサーリンク


 

下半身裏側の筋肉と働き

お尻や太ももの裏、ふくらはぎの裏側の筋肉が硬くなってしまうと、長座をしたときに膝を伸ばすことが出来なくなってしまいます。

 

  • お尻の筋肉(小殿筋・中殿筋・大殿筋)は、足を後ろや横に動かすときに働く筋肉で、骨盤を包むようについていて、太ももの筋肉とつながっています。
    だからお尻の筋肉が硬くなってしまうと、太ももの裏の筋肉が突っ張って伸びが悪くなってしまうので、足を伸ばすことが辛くなります。

 

  • 太ももの裏の筋肉はハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)と言いますが、この筋肉は骨盤の坐骨と大腿骨からふくらはぎの骨について、足を後ろに上げる時や、膝を曲げる動作時に働く筋肉です。
    だから、硬くなっても膝を曲げることは問題なく出来るけど、伸ばそうとしても筋肉の伸びが悪くなっているので、膝が曲がってしまいます。

 

  • ふくらはぎの筋肉には、腓腹筋とヒラメ筋がありますが、腓腹筋が硬くなって伸びが悪くなってしまうと、膝を伸ばせなくなります。
    それは、腓腹筋がふくらはぎの骨と太ももを結ぶ筋肉で、膝を曲げる時に働く筋肉だから。
    じゃぁヒラメ筋が硬くなっても長座は出来るの?って思いますよね。
    ヒラメ筋が硬くても、ふくらはぎだけについている筋肉なので、長座には影響が出ないんです。
     

 

この三ケ所の筋肉の共通する働き、それは、

「足を後ろに曲げたり後ろに動かす」ということ。

 

長座の姿勢っていうのは足を前に伸ばすわけですから、この三ヶ所のうちのどこ一ヵ所でも硬くなってしまうと、膝を伸ばすことが出来なくなってしまうんです。

 

膝を伸ばして座れるようになるには、下半身裏側の筋肉の柔軟性が必要です。

 

硬くなって伸びが悪くなっているということは、普段から体を前に曲げ伸ばす動作が少ないということが原因です。

 

生活を送るうえで、必要な筋肉だけを必用な分だけしか使っていない状態では、使っていない筋肉は衰えたり硬くなってしまうので、動きも悪くなるし、伸びだって悪くなります。

 

だから、動かして柔軟性を取り戻してあげなければなりません。

 

次は、下半身裏側を伸ばすストレッチをご紹介しますね。

スポンサーリンク


 

足上げ開脚が三ヶ所全てを一気にストレッチ!

下半身裏の筋肉を伸ばすストレッチをこれまで色々と試してきましたが、どうもイマイチ伸びなくて、ようやくたどり着いたストレッチっていうのが「足上げ開脚」でした。

 

足上げ開脚は、足の重さと重力だけを利用するから、無理に体の力を使って伸ばしたり、引き寄せる必要がないので、負担も痛みも少なく、しかも短時間で筋肉を伸ばすことが出来ます。

 

1

始めに長座をして、自分がどの程度まで膝が曲がってしまうのか確認しておくと、ストレッチ後と比べやすいですよ。

 

  1. 仰向けになって足を上げられる高さまで上げて開きます。
  2. この時足を開ききって下さい。
  3. つま先を必ず背屈させましょう。(ふくらはぎの筋肉を伸ばすため)
  4. 足全体を左右に小さくバネのように揺らしましょう。

 

腹筋も使うストレッチなので、ちょっとプルプルしてきますがそこは我慢して、まずは10秒間やってみましょう。

 

足をおろして休憩を入れたら、また10秒間やってみましょう。

 

3回ぐらい繰り返し行って下さい。

 

筋肉が伸びてくると、足の開く角度も広がってくるので、開脚が楽になってきます。

 

起き上がって長座をしてみて下さい。

 

ストレッチをする前に比べて膝が伸びていませんか?

 

 

気になる下半身太りを解消するオススメの「骨盤補正下着ランキング」はコチラ→下半身太りに悩む女性達を救った大人気の骨盤補正下着ランキング

関連記事⇒お尻が硬いと下半身デブになる?下半身痩せを成功させるストレッチ。

関連記事⇒「寝転んで足が真っ直ぐ上がらない」のは筋肉が縮んでいるから。

スポンサーリンク

 

まとめ

3-crop

今回ご案内したストレッチをするだけで、下半身裏の筋肉や太ももの内側の筋肉だって伸びるし、股関節も柔らかくなって可動域が広がりますよ!

 

硬くなった筋肉が柔軟になると血流が良くなるので、

  • 足の疲れが取れる
  • 凝り解消
  • むくみ解消

これまで下半身に感じていた不快な症状も解消することが出来ます。

 

また、老廃物の流れもスムーズになるので、ダイエットにも効果的!

 

長座で膝が伸ばせないなんて悩みも、きっとこのストレッチが解決してくれます!

 

空いた時間にぜひやってみて下さい。

 


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ