毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!



子育て中のお母さんの悩みといえば、肩、首、腰のコリですよね。

毎日子供を抱っこしたり、おんぶしたりはかなりの重労働。

子供が成長するにしたがって体重は増し、お母さんの体にかかる負担も

増していくわけです。

1-crop

昔に比べたら、抱っこ紐やおんぶ紐もずいぶん進化をして、お母さんに

負担がかからないような作りにはなりました。

それでもやはり毎日の抱っこやおんぶは辛いものです。

お母さんの腰は、悲鳴をあげていますが、その痛みに耐えながら家事や

育児をこなしていることでしょう。

 

今回はそんな頑張るお母さんのを、腰痛から救い出すための改善方法に

ついてご紹介したいと思います

スポンサーリンク


抱っこよりはおんぶ!

3-crop

抱っこは子供の顔が見えるから安心できますね。

ですが、抱っこの場合、重心が前にかかります。

バランスをとろうとして、後ろに体を反らす体制になりますね。

子供の体重は腕にかかり、背中は自然と丸く猫背になっています。

このとき、肩や背中の筋肉が疲労して、徐々に筋肉が固くなり縮んでし

まうため肩や背中血流が悪くなってしまいます。

 

また、疲労した筋肉がリンパ管を圧迫してしまうことにより、リンパの

流れが悪くなり、老廃物が停滞してしまいます。

背中の筋肉が柔軟性を失って固くなってしまうと、抱っこすることで前

方に引っ張られてい肩甲骨が正しい位置に戻ることが難しくなってし

まいます。

 

そして、肩は内側をむいたままとなり、背中は丸くなったまま凝り固ま

ってしまうことから、背骨のむ原因にもなるのです。

肩甲骨周辺の筋肉疲労して固くなってしいまうと、首にも影響が出てし

まうのです。

 

首の筋肉は、背骨や肩甲骨にもつながっています。

背中が丸まったままの状態は、肩甲骨が前方に引っ張られているため、

肩甲骨に付着している筋肉も伸ばされたままになり、収縮、弛緩するこ

とが出来なくなった筋肉は疲労を起こすのです。

 

中には、片方の腰で抱えるような体制で抱っこしている人もいますが、

基本そのように抱っこをする人は、利き手を使える状態にしておきたい

ため、いつも利き手と逆側で抱っこをします。

これは、片方にばかり体重がかかってしまうので、下半身上半身共に、

筋肉の付き方に左右の差が出てしまいます。

 

また、体を真っすぐに保とうとするため、各部位の筋肉同士の支え合い

によってバランスがとれているのでそれが続くと、背骨が歪み、側彎

(そくわん)の原因になるのです。

抱っこをして、疲労した部分の筋肉が血管やリンパ管を圧迫し血行不良

による冷え、歪み神経の圧迫、自律神経の乱れなどの原因になる

のです。

5-crop

とはいえ、おんぶが全くこのような悪影響を与えないのかといえば、答

えは「NO」です。

おんぶ紐を使ったとしても、紐は肩に食い込みます。

肩や首、背中や腰もコリます。

 

ですが、おんぶ紐を少し短くすると、赤ちゃんをおんぶしたときにかか

る重心が上になるので、腰への負担は軽減されます。

重心が下になればなるほど体を真っすぐ起こそうするための筋肉が疲労

を起こしやすくなるのです。

 

ですから、抱っこよりおんぶの方が腰にとっては良いのです。

スポンサーリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

痛みの出てしまった腰にはストレッチ!

4-crop

疲労して凝り固まってしまった筋肉は発痛物質を出し続けます。

そのため交感神経が優位になり、強いストレスを感じられるようになり

ます。

強いストレスは、自律神経の乱れを引き起こす原因にもなります。

 

そして、自律神経の乱れはホルモンバランスにも影響を及ぼしてしまい

ます。

 

ですから、発痛物質を排泄するために、筋肉が収縮、弛緩を行えるよう

に柔軟にすることが大切です。

無理のない程度のストレッチがオススメですよ

 

また、ゆっくりお風呂に浸かることも良いです。

全身の筋肉が緩み血行も良くなりますし、副交感神経の働きも活発にな

りリラックスできます。

 

ですが、小さなお子様のいるお母さんはなかなかゆっくりバスタイムと

はいかないものですよね。

そんなときは、タオルで作る温湿布がオススメですよ!

好みのエッセンシャルオイルを垂らしたお湯にタオルをくぐらせて、腰

に乗せるだけで、血行も良くなり、香りによって全身の筋肉の緊張も

緩みますよ。

 

まとめ

matome2

できるだけ、高い位置でおんぶすることがおすすめです。

痛みを感じられる部分には、老廃物や発痛物質がたまっています。

一刻も早くそれらを排泄させるためにも、ストレッチなどをして筋肉を

柔軟にしてあげましょう。

腰痛がひどいときは決して無理をせずに、病院へ行くようにして下さいね!

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ