ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!



ふくらはぎの外側ばかりが硬く張っていることってありません?

 

スネの横が張ってパンパンだし、足が太くなったような・・・。

1-crop

こういった症状は、足にかかる重心が外側にかかっている人に多いんですよ。

 

特にO脚の人は、重心が外側にかかってしまっているため、すねの横の筋肉が張りやすいんです。

 

まずは、どこを改善する必要があるのかということからご案内しますね。

スポンサーリンク


 

重心を外側から内側へ!

靴底は外側がすり減ったりしていませんか?

足の外側に重心をかける人は、靴底の外側が減りやすくなります。

 

2-crop

そのため、スネ(脛骨)のすぐ横の筋肉、脛骨筋(けいこつきん)に負担がかかり、張ってしまうのです。

 

また、脛骨筋が硬くなってしまう人に多いのが「O脚」です。

 

足をそろえて立った時、膝に隙間がない人は、足全体をバランス良く使って上半身を支えることが出来ますが、O脚になると、両足の外側に負荷がかかるようになりますね。

 

ですから、ふくらはぎや太ももの外側の筋肉が張ってしまうのです。

 

では、このO脚は何が原因なのでしょうか?

 

O脚の原因

太もも内側の筋肉が弱かったり衰えてしまうと、O脚になりやすくなります。

 

太ももの内側の筋肉を内転筋(ないてんきん)といいます。

4-crop

「内転筋」には、

  • 大内転筋(だいないてんきん)
  • 短内転筋(たんないてんきん)
  • 長転筋(ちょうないてんきん)
  • 薄筋(はっきん)
  • 恥骨筋(ちこつきん)

があり、骨盤から大腿骨(だいたいこつ)についていて、薄筋だけは、骨盤から脛骨についています。

 

内転筋の働きは、足を内側によせる働きや、骨盤を安定させる働きをします。

 

内転筋がが弱くなると、太ももの内側に脂肪がつきやすくなる他、太ももの外側ばかりに負荷がかかるので、大腿骨が捻じれを起こし、膝関節が外側を向いてO脚になってしまうのです。

 

また、太もも前面と側面、ふくらはぎの外側の筋肉が異常に発達して、足が鍛えたように太くたくましくなってしまいます。

 

こうしたO脚予防又は改善には、内転筋を鍛えることも必要ですね。

 

内転筋を鍛える他にも、歩き方一つで足の形は変わってきます。

 

膝の裏が伸び切らないような歩き方をすると、内転筋が伸びず弱ってしまい、外側の筋肉ばかりを使うようになってしまいます。

 

これからは、下半身の筋肉をバランス良く使える歩き方を心掛けていきましょう。

スポンサーリンク

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 

ふくらはぎの張りをサクッと解消出来る「正座」

昔は、正座をすると、

  • 足が太くなる
  • O脚になる
  • 足の形が悪くなる

と言われましたが、実は張りやむくみ解消には正座が効果的なんですよ!

 

椅子に座るとどうしても足を組んでしまうことってありませんか?

 

足を組んだ姿勢は、骨格の歪みを引き起こす原因でもあるんです。

 

そして、片足にばかり重心がかかってしまうので、足の筋肉の付き方がアンバランスになってしまうというデメリットがあるのです。

 

ところが正座は、両足に均等に体重がのり、背筋がピンと伸びた正しい姿勢を自然にとることが出来ます。

 

また、正座にはストレッチ効果があり、太ももの前側の筋肉や足首を伸ばせますよ!

 

その他嬉しいメリットと言えば、正座をするとふくらはぎが圧迫されるので、下半身にたまってしまった血液が心臓に押し戻され、老廃物の排泄や血液の流れがスムーズになり、むくみや凝りを解消出来るんです!

 

正座は、

  • 姿勢改善
  • ストレッチ効果
  • むくみ解消
  • 凝り張り解消

というように、たくさんのメリットがあります。

 

美脚にも効果的ですので、積極的に正座をするようにしましょう!

 

【正座をするときにちょっとしたコツ!】

両方のかかとを必ずつけて、その上にお尻を乗せて下さい!

 

足首を離して座ってしまうと、猫背の姿勢になりやすく、意味がなくなってしまいます。

 

足が疲れたぁ!なんて時にはぜひ正座をしてみて下さい。

 

脛骨筋をマッサージしましょう!

8-crop-crop

ふくらはぎの筋肉がパンパンに張ったままにしておくと、血行が悪くなって老廃物が溜まってしまうので、筋肉の代謝が落ちて足に脂肪がつきやすくなります。

 

ですから、硬くなった筋肉はその日のうちにしっかりほぐして柔らかくしましょう!

 

脛骨の横の筋肉を親指で押しましょう。

 

イタ気持ちいいぐらいの力で、足首から膝下までを何回か柔らかくなるまでやりましょう!

 

ふくらはぎの張りが解消されて、足がとっても軽くなりますよ。

 

関連記事⇒ふくらはぎのコリが原因で足が太くなる?デトックスでダルさを解消!

関連記事⇒【下半身痩せ】本当はふくらはぎよりも太ももマッサージが重要!

スポンサーリンク

 

まとめ

3-crop

ふくらはぎの脛骨筋にばかり負担がかかってしまわないようにするためには、足の筋肉をバランス良く使うことが大切です。

 

そして、O脚防止やO脚改善のためにも、膝をしっかりと伸ばして歩くように心掛けていきましょう。

 

ふくらはぎがスッキリ綺麗なラインになれば、もっとオシャレを楽しめるようになりますよね!

 

今回御案内したセルフマッサージや正座を生活の一部に取り入れ、ふくらはぎの疲労や張り・むくみを改善していきましょう!

 


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ