大腰筋を緩めるだけで「腰痛改善」・「腰痛防止」に効果がある!



1

腰痛の原因には、大腰筋(だいようきん)の凝りが関係していることがあります。

 

腰筋は、腰骨の上の骨(第12胸椎)と腰の骨(第4腰椎)から伸びて骨盤の前(股関節)を通り、太ももの骨の内側(大腿骨の小転子)についている筋肉です。

 

大腰筋と腸骨筋とセットで腸腰筋(ちょうようきん)と呼ばれています。

 

足を上げたり腹筋をする時に働く筋肉で、腹部の深い部分にある筋肉ですので見た目にはわからず、あまり耳にしない筋肉名だと思います。

 

近年、インナーマッスルを鍛えることが注目されるようになってきて、徐々にメジャーになってきた筋肉でもありますが、日常生活ではインナーマッスルを使う動きは少なく、意識して動かしていない限り、衰えたり硬くなってしまう筋肉でもあります。

 

では、大腰筋が凝って硬くなってしまう原因とは一体何でしょうか?

スポンサーリンク


 

姿勢が原因で硬くなる?!

普段猫背の姿勢をよくとってしまう人は、大腰筋が硬くなってしまいがちです。

 

腰筋の筋肉が硬くなって伸びが悪くなってしまうと、上半身を真っすぐ起こそうとした時に腰の骨が引っ張られて痛みが出てしまうので、猫背の姿勢をとるしかなくなってしまうのです。

 

猫背の姿勢をとることで、自ら大腰筋を衰えさせてしまっていることになります。

 

しかも、大腰筋が衰えてしまうとポッコリお腹になってしまうんですよ!

 

ですから、猫背の姿勢を改善するとともに、大腰筋の柔軟性を取り戻す必要があるというわけです。

 

大腰筋の凝りがほぐれて柔軟性を取り戻すことが出来れば、背筋を伸ばして上半身を真っすぐ起こした時にだって腰の痛みが出ることもなくなります。

 

猫背を改善すると、上半身の代謝も上がり、ポッコリお腹も解消!

 

れに、腰痛以外にも肩凝り、首の凝り、背中の凝り、骨盤の歪みだって改善出来るというメリットがたくさんあります!

 

それでは次に、大腰筋の凝りに効くストレッチをご紹介します。

スポンサーリンク


 

大腰筋の凝りをほぐすストレッチ

3

うつ伏せの状態から肘を伸ばして上半身を起こし、腰の部分が反らすことによって大腰筋を伸ばすことが出来ます。

 

上半身を起こしたら10秒静止しましょう。

 

これを3セット行って下さい。

 

勢いをつけずにゆっくり行うようにしましょう。

 

 

2

足を前後に広げます。

 

後ろの足を伸ばすことで、大腰筋も同時に伸ばすことが出来ます。

 

写真の体制が辛いようであれば、後ろの足の膝をつけてやっても構いません。

 

上半身をゆっくり前に体重移動させると、後ろの足の付け根が伸びて大腰筋を伸ばすことが出来ます。

 

硬くなった太ももの筋肉も伸ばすことが出来ますよ!

 

じんわりとした刺激が気持ちいいストレッチですのでオススメです!

 

 

1

大腰筋を鍛えるストレッチです。

 

1日30秒から1分間行いましょう!

 

長くやり過ぎるとかえって腰を痛めてしまうので、最初は30秒からスタートしてみて下さい。

 

簡単に見えますがかなり効きます!

 

背中から足まで真っすぐに伸ばし、お腹が落ちてこないようにしましょう。

 

大腰筋が鍛えられると、タプタプしたお腹周りの脂肪がとれて、キュッと引き締まったウエストに大変身!

 

特にお腹の横や下腹に効果があります。

 

インナーマッスルを鍛えることで、内臓が下がるのを防ぎます。

 

大腰筋を鍛えすぎには注意しましょう!

3

大腰筋は股関節の屈曲に働く筋肉です。

 

鍛えることは大切ですが、大腰筋ばかりが鍛えられすぎると上半身が前かがみになってしまい、猫背になりやすくなってしまいます。

 

綺麗な姿勢をとるためには、背中にある筋肉を鍛えることも必要です。

 

背中にある脊柱起立筋は、背骨に沿って走行する縦に長い9本の筋肉で、姿勢保持に大きく関係する筋肉です。

 

背骨を支え、上半身を反らす働きをします。

 

筋肉はバランスが大切です。

 

腹筋を鍛えるだけでなく、背筋も意識するようにしましょう!

 

 

関連記事⇒肩の高さズレてる?!原因は凝りが起こした【歪み】と【縮み】!

関連記事⇒反り腰で太ももの前がパンパン!足太・腰痛の原因反り腰改善法!

スポンサーリンク

 

まとめ

1

大腰筋が硬くなっていたり、衰えてしまっていると、腰痛を引き起こす原因になります。

 

因となる猫背の姿勢を改善し、大腰筋が硬くなってしまうのを防ぐようにしましょう。

 

また少しずつでもよいので大腰筋を緩めるストレッチを、お風呂上がりや寝る前にやってみて下さい!

 

大腰筋がほぐれて柔軟性を取り戻すことができると、背筋を伸ばしやすくなるので、猫背改善にもつながりますよ!

 

腰痛お腹ポッコリの解消にも、今回ご紹介したストレッチをお役立て下さい!



当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ