膝の痛みがつらくて歩けない/膝の痛みの原因と自己メンテナンス法方



i

膝が痛くて思うように歩けない。

 

こんな悩みで困ってはいませんか?

 

膝が痛くなると、しゃがんだり立ち上がったり、歩いたりといったこれまで普通に出来た動作が突然出来なくなってしまいますよね。

 

歳を重ねると、体の痛みや関節の痛みに悩むことが多くなってきます。

 

けれども、膝の痛みは加齢以外にも様々な原因があって特定しにくく、若い人の間でも起こる症状です。

 

 

今回は、膝の痛みの原因をいくつかご紹介しますね。

スポンサーリンク


 

変形性膝関節症

骨と骨の間には、クッションの役割をしている軟骨というものがあり、膝関節への衝撃を和らげたり、膝の動きをスムーズにする働きをしています。

 

膝関節にも軟骨がありますが、加齢とともにこの軟骨が減ってしまったり変性してしまうと、骨と骨の間が狭くなってしまうため、骨同士がこすれ合って痛みが現れるようになります。

 

また、骨と骨がこすれ合って摩耗を繰り返していくうちに、膝への負担が増加して半月板変性などの刺激による痛みや、筋肉や滑膜、靭帯が炎症を起こして痛みが現れるようになります。

 

この時、関節には大量の関節液が分泌されるため、「水が溜まる」といった症状が現れることがあります。

 

変形性膝関節症の初期の段階ではそれほど痛みはありませんが、骨の変形が進行して症状が悪化すると、骨がとがってしまう骨棘が現れたり、骨同士が直接ぶつかり合うようになるため、膝の曲げ伸ばしをするだけでも強い痛みを生じるようになり、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

 

 

膝の使い過ぎ

立ったり座ったりを繰り返し行うことが多い仕事や、膝を酷使するスポーツなどは膝への負担も大きく、膝関節周辺の筋肉に疲労が溜まり、筋肉が硬くなって柔軟性を失うことによって痛みが現れることがあります。

 

これは年齢に関係なく起こり得るものですので、作業時や運動をする時にはサポーターをつけたり、テーピングで固定するなどして、膝への負担を減らしましょう。

 

また、筋肉の疲労を和らげるためにも、マッサージやストレッチなどといったセルフメンテナンスを行うようにしましょう。

スポンサーリンク


 

体重の増加

膝には、体重の3倍もの負荷がかかるといわれています。

 

体重が増加すれば、それだけ負荷は増えるということ。

 

しかも、体重が増えても骨や関節まで成長はしませんよね。

 

脂肪の下にある筋肉や骨はそのままなのですから、膝への負担ばかりを増やしてしまうことになります。

 

そういえばこのところ急激に体重が増えたかも・・・

 

などと心当たりあるようであれば、減量が必要です。

 

関節を守るためにも、食生活の見直しや体重管理をきちんと行っていきましょう。

 

筋肉の衰え

筋肉が痩せて衰えてしまうと、関節への負担が増加してしまいます。

 

そのため、体重を支える膝への負担がかかり続けることによって疲労が蓄積し、痛みが現れることも。

 

特に太ももの筋肉が衰えは、膝関節への負担が増加してしまう原因になります。

 

太ももの筋肉をトレーニングによって強化させることが必要です。

 

太ももの筋肉を強化させるトレーニング法

椅子に座ってトレーニング

椅子に座わり、片方の足を膝を曲げたまま自分の胸の方向に引き寄せます。

ゆっくり上がるところまででいいので、上げたところで10秒間静止。

ゆっくりとおろします。

30回ずつ交互に行います。

 

寝ころがってトレーニング

仰向けに寝ころがり、片方の足を膝を伸ばしたままゆっくり上にあげ、ゆっくりおろします。

10回やったらもう片方の足をやります。

トータル30回ずつ行いましょう。

膝を伸ばしたままがきついようであれば、膝を曲げたままでも良いです。

 

スクワット

つま先より前に膝を出さないスクワットをします。

これは軽く膝を曲げるだけで良いです。

つま先より膝が出ないようにしてスクワットをするコツは、お尻を突き出すような姿勢をとることです。

上半身が前かがみにならないように注意して下さい。

1日10回程度行いましょう。

痛みが強い人はやらないようにして下さい。

 

関連記事⇒凝りに効果があるオススメのビタミン!始めようサプリメント生活!

関連記事⇒就寝中突然襲ってくる【足のつり・こむら返り】が不安で眠れない人へ

スポンサーリンク

 

まとめ

急な膝の痛みや違和感がある時は、膝関節の炎症が原因かもしれません。

 

膝の曲げ伸ばしだけでも辛いようであれば、無理をせずに病院をきちんと受診して下さい。

 

また、普段からマッサージやストレッチ、筋トレをして、下半身の筋肉強化や柔軟性を高めることは、膝関節への負担を軽減し、膝痛緩和にも期待が持てます。

 

空いた時間を使って自己メンテナンスを行い、下半身トラブルを予防しましょう!

 


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ