太ももの付け根ダイエット/太ももを細くするための遅筋の鍛え方



2

太ももの内側の脂肪を落としてスラっとしたモデルさんのような足になりたい!

 

憧れますよね、モデルさんの足。

 

あんな美脚だったら何を着てもパーフェクトですもの。

 

でも太もも内側の脂肪ってなかなか落ちてくれないんですよね。

 

二の腕に並ぶ最も落ちにくい部位の一つと言えるのではないでしょうか。

 

今回は、太ももの内側を細くする方法についてご案内しますね!

スポンサーリンク


 

太ももの内側を細くしたかったら遅筋を鍛える事!

3

誰にでも理想の体型ってありますよね。

それは、

  • 脂肪はないけど筋肉がついていてムキムキ
  • 脂肪はなく適度に筋肉がついている

この二つのどちらでしょうか?

 

くの女性は、適度に筋肉がついたスリムな体になりたいと思っているのではないでしょうか?!

 

では、筋肉には二種類あるのをご存知ですか?

それは、

  • 速筋
  • 遅筋

です。

 

速筋は瞬発力の必要とするトレーニングで鍛えられた時に発達する筋肉で、体型もムキムキと太くなります。

 

それに比べて遅筋は、ゆっくりな動きで時間をかけるトレーニングで発達する筋肉で、体型はスラットします。

 

瞬発力に必要な速筋と、持久力に必要な遅筋では鍛え方もつき方も変わってくるというわけです。

 

だから、適度に筋肉がついてスラットした体形になりたいのであれば、遅筋を鍛えなくてはなりません。

 

それでは次に、遅筋を鍛えるために必要な動きやストレッチをご紹介しましょう!

スポンサーリンク


 

遅筋を鍛える方法

遅筋を鍛えるのに最も効果的な運動は、「足上げ開脚」です。

 

別名「足パカ」とも言いますが、この運動は太ももの内側の脂肪を落とすのに最も効果的な要素を兼ね備えています。

 

というのは、この運動一つで、「鍛える事」と「ストレッチ」が一度に出来てしまうから。

 

そして、ゆっくり繰り返し行う事で鍛えにくい太ももの内側の筋肉「内転筋ないてんきん」を鍛えることが出来、更に腹筋群までも同時に鍛えることが出来てしまうんですよ!

 

しかも簡単!

 

それじゃやるしかないでしょ!

ってことになりますよね。

 

とにかく簡単に出来ますが、キツさも半端ないです・・・

 

けれども鍛えるってことはそういうもの。

 

簡単に筋肉をつけられていたら、きっと太ももの内側の脂肪に悩むこともないですよね。

 

それでは早速始めてみましょう!

 

12-crop

  1. 仰向けに寝ころがったら、両足を真上に上げます。
  2. 両足を「開く・閉じる」を繰り返し行います。

ここでのポイントは、足関節を背屈(はいくつ)させて下さい。

 

つま先を甲側に曲げるということです。

 

こうするとふくらはぎのストレッチを同時に出来るから、下半身に溜まった血液や余分な水分・老廃物の流れがよりスムーズになります。

2つ目のポイントは、ゆっくりな速さで行うということ。

 

速い動きをすると、遅筋ではなく速筋を鍛えてしまいます。

 

ですから、出来るだけゆっくりジワジワと行いましょう!

 

この運動をしていくうちに足の股関節周辺の筋肉も柔軟になるから、下半身の血液やリンパの流れも良くなって全身の代謝が上がり、太ももの内側についた脂肪が消費されて細くなっていきますよ!

 

運動して使った筋肉にはご褒美を!

1

十分に動かした筋肉には疲労が溜まります。

 

そのままにしておいては足の疲れが翌日にも響いてしまうので、太ももの内側の筋肉を揉んだりしてほぐしておきましょう。

 

強さは自分の好みで構いません。

 

また、マッサージクリームやオイルを使って揉んだりするのもオススメですよ!

 

気になる下半身太りを解消するオススメの「骨盤補正下着ランキング」はコチラ→管理人一押し【骨盤補正下着】ランキング

関連記事⇒脚 を細くする「美姿勢ダイエット」と「太もものマッサージ」

関連記事⇒内転筋のこりをほぐすとどんな効果がある?一石二鳥の解消法とは。

スポンサーリンク

 

まとめ

3

太ももの付け根が太いというのは、内転筋が衰えている証拠でもあります。

 

ただ、太ももの付け根が太くなってしまうのは、普段の姿勢が要因になっていることもあります。

 

不良姿勢でいると、下半身の血行が悪くなる足の歪みを起こします。

 

ですから、足を組んで座ったり、猫背や反り腰といった足が太くなる不良姿勢をとるのはやめましょう!

 

不良姿勢を改善するだけでも足の筋肉の使い方や付き方は変わっていきますし、それまで眠っていた筋肉に刺激を与え目覚めさせてくれるから、代謝が自然と上がり痩せやすくなりますよ。

 

そして、ダイエットは続けることが大切!

 

結果を早く出そうとすると、焦りやストレスで継続することが出来なくなります。

 

ゆっくり時間をかけて筋肉を鍛え上げていけば、リバウンドもなくスリムな体を確実に手に入れられますよ!

 

今日から毎日足上げ開脚運動でコツコツ遅筋を鍛え、スリムな足を目指しましょう!



当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ