冬太り/むくみが体重増加の原因!余分な水分を素早く排泄する方法



2

になると体重が増える人がいますが、それってもしかするとむくみが原因かもしれません。

 

体の皮下組織に多くの水分が溜まってしまうと、体重もその分増加します。

 

しかも、その水分が溜まったところに老廃物も一緒に溜まっていくので、血管やリンパ管が圧迫されたり、筋肉に必要な栄養素や酸素の吸収を邪魔してしまうから、体の代謝が落ちて脂肪を貯め込み太ってしまうのです。

 

それではなぜ、皮下組織に水分が溜まってしまうのでしょうか?

 

その原因は一つに限らず、

  • 体の冷え
  • 筋肉の凝り
  • 水分の摂り過ぎ
  • 塩分の摂り過ぎ
  • 睡眠不足

などが考えられます。

 

その人の生活リズムや環境によっても変わってくると言えるでしょう。

スポンサーリンク


 

むくみを解消する方法

皮下組織に溜まった余分な水分や老廃物は何がどのようにして回収・排泄をしているのかというと、

  • 血管
  • リンパ
  • 筋肉

この3つの組織が行っています。

 

けれども、何らかの要因によって筋肉が凝りを起こしてしまうと、硬くなって縮んでしまった筋肉が血管やリンパ管を圧迫してしまったりして、回収を妨げてしまいます。

 

また、リンパ管には心臓のようなポンプの機能はなく、筋肉が動くことでリンパ液が流れる仕組みになっています。

 

ですから筋肉の動きが悪くなってしまうとリンパ液が滞って、余分な水分や老廃物の回収・排泄といった機能が落ちてしまうのです。

 

体を冷えから守りましょう

3

冬の寒さで体が冷えてしまうと、血液の流れが悪くなって筋肉の動きが悪くなってしまったり、余分な力が入ってしまって筋肉の緊張が続くと、凝りを起こしてしまいます。

 

また、寒い時にとりやすい不良姿勢などが原因で、筋肉が疲労を起こして硬くなってしまいます。

 

ですから、冬の防寒対策を万全にして、体を冷えから守るということが大切です。

 

けれども、守りに入っているだけでは、むくみは改善出来ませんよ!

 

体を動かすということも重要です。

 

寒くなると運動不足になってしまう人も多いですよね。

 

でも、そうしている間にもむくみを起こしやすい体にしてしまっているんですよ!

 

外に出なくてもストレッチなら出来ますよね。

 

天気に左右されずいつでも空いた時間に出来るので、だらだら過ごすのはヤメて、積極的に体を動かすようにしましょう。

 

筋肉を動かして代謝も上がるので、脂肪だってどんどん消費されていきますよ!

スポンサーリンク


 

マッサージでリンパの流れ改善

リンパの流れはマッサージでも促すことが出来ます。

 

マッサージというとギュっと力が必要なイメージがあると思うかもしれませんが、力はそんなに必要ではありません。

 

皮膚表面をなでるぐらいでも十分な効果を得られます。

 

ですから、お風呂に入って体を洗うついでに、泡のついた手の平で、むくみを起こしやすい足の足首から足の付け根の鼠蹊部(股関節)までを下から上になでるようにマッサージして下さい。

 

ただ、ふくらはぎや太ももの筋肉が硬くなっていると流が良くならないので、なでる前に揉んで筋肉をほぐしておきましょう。

 

塩分の摂りすぎに注意しましょう

1

塩分を摂りすぎてしまうと喉が乾き、たくさん水分を摂ることがあると思いますが、これは体の防衛反応によるもの。

 

塩分濃度が一定量を超えてしまうと、元の量に戻すために水分が必要になります。

 

そのため、喉の渇きを起こして水分を摂るように働きかけているのです。

 

ところが、水分を摂りすぎてしまうと、血管に含まれる水分量も増えます。

 

すると、血管から染み出る水分が皮下組織に溜まってしまうので、むくみを起こしてしまいます。

 

摂りすぎた塩分を薄めるのには時間がかかるし、皮下組織に溜まった水分の回収も追いつかなくなってしまうので、塩分を摂りすぎてしまった日には、塩分の排泄を促すカリウムを多く含む食品も一緒に摂るようにしたり、利尿作用のあるお茶を飲むようにして、むくみを防ぎましょう。

 

また、朝起きた時にビックリするほど顔がむくんでいて焦った!なんて経験ありませんか?

 

ないもしないで寝てしまうと、顔がむくみを起こしてパンパンになってしまいます。

 

寝る前に顔や体のマッサージをして余分な水分や老廃物の排泄を促しましょう。

 

気になる下半身太りを解消するオススメの「骨盤補正下着ランキング」はコチラ→管理人一押し【骨盤補正下着】ランキング

関連記事⇒脚 を細くする「美姿勢ダイエット」と「太もものマッサージ」

関連記事⇒朝のむくみの原因とは?顔のむくみに速攻効く簡単マッサージ法!

関連記事⇒炭酸風呂が凝りに効くわけ/有名炭酸温泉紹介と自宅で手軽に炭酸入浴

スポンサーリンク

 

まとめ

3

冬の寒い季節は、体が冷えてむくみを起こしやすくなってしまうので、防寒対策しっかりとして冷えから守り、筋肉の動きが悪くなってしまわないように、軽い運動やストレッチ、セルフマッサージをするようにしましょう。

 

そうすれば、毎年冬になると体重が増加するなどという負のサイクルから抜け出せるはずですよ!

 

また、下半身は重力の働きによってどうしても余分な水分や老廃物が溜まりやすい部分です。

 

ですから、下半身中心のストレッチやマッサージをして、血流やリンパの流れを良くしましょう。

 

下半身の血流が良くなると、全身の代謝も上がって太りにくくなりますよ!



ささない鍼 Acu Life(アキュライフ)


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ