ジョギングで凝りを解消出来る人と出来ない人の違いとポイント。



2

ジョギングは肩凝りを解消出来るとスポーツだと言われていますが、逆に肩が凝ったという人もいます。

 

肩凝りに良いという人と、肩が凝ってしまった人にはどんな違いがあるのでしょうか?

 

恐らく腕の振り方の違いや、ジョギング中の姿勢に違いがあるのではないでしょうか。

 

走り始めたばかりのうちは、どうしても余分な力が体に入ってしまいますよね。

 

それに、腕にだってついつい力が入ってしまったりして、翌日あちこちが筋肉痛。

 

もちろん、今まであまり動かしていなかった筋肉を急に動かすのですから、筋肉痛になってしまうのも無理はありませんよね。

 

でも、走り始めてだいぶ経っても肩が凝るという人は、姿勢に問題があるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク


 

走っている時の首の位置が前に出ていませんか?

疲れが出てくると徐々に首が前に出て、上半身が猫背気味になってしまいます。

 

ここで1つお伝えしたいのが、首が前に倒れる角度が深くなるほど、首にかかる頭の重さは増すということ。

 

頭が首と上半身の真上にある正常な位置に比べて、猫背になると頭の重心が前に移動してしまうので、それを支える首の筋肉に無理がかかってしまいます。

1

そのうえ走っている時の衝撃が加わって、首にかかる負担は増すばかり!

 

また、背中にある筋肉も首を支えたり姿勢を保持する働きをしていますが、猫背になってしまうと背中の筋肉に負担をかけ続けてしまうことになります。

 

こうした要因がいくつも重なって、首や肩の凝りを引き起こしてしまっているのです。

 

スポンサーリンク


 

ジョギングで凝りを解消させるための2つのポイント

1

まず1つ目は、姿勢を起こして走るということです。

 

猫背になってしまわないように注意しましましょう。

そして2つ目は、肩甲骨を意識して走るということ。

 

これが最大のポイントです!

 

腕を振る時にしっかりと後ろに引くことで、肩甲骨も一緒に動かすことが出来ます。

 

肩甲骨には、首や肩背中、腕といった数多くの筋肉がついています。

 

首や肩凝りを起こす人は、肩甲骨周辺の筋肉が硬くなって血流が悪くなり、老廃物が溜まっているのも1つの原因です。

 

肩甲骨を動かすだけで凝り固まってしまった筋肉が緩んで血流が良くなるので、老廃物の流れも良くなり凝りがほぐれていきます。

 

ですから、腕を振る時は肩甲骨を意識して走ること、そして身体がリラックスして走れるようにするためにも、手の平や前腕の力は抜いて、二の腕だけを後ろに引くようにしましょう。

 

そうすれば、腕も疲れにくくなりますよ。

 

ジョギングをした後のケアも忘れずに!

ジョギングの後は、足がパンパンに張ってしまっていることもありますよね。

 

疲れを残さないためにも、ジョギングの後にストレッチをして筋肉を緩めて上げることも大切です。

 

簡単なストレッチで構いません。

 

ジョギングで使い続けた筋肉が緩めば、翌日も快調に走ることが出来ますよ。

 

こんなソックス見つけました!

履いて走るだけでふくらはぎのポンプ力が高まり、全身の血液循環が良くなるんです。

男女兼用ってのも嬉しいですよね!

足の疲れを残さないためにもオススメですよ。


【全品送料無料&ポイント最大17倍】 「ランキング1位!ありがとうございます」□C3fit (シースリーフィット)2016モデル パフォーマンスゲイター(左右1セット) 3F00345 【ユニセックス】(信頼の日本国内生産) 【送料無料】6

価格:3,261円
(2016/7/4 17:20時点)
感想(49件)


関連記事⇒背中が痛い!肩甲骨の可動域を広げるだけで痛みはすぐに解消できる!

関連記事⇒【首が前に出る姿勢】がアナタを苦しめる凝りと痛みの原因です。

 

まとめ

1

凝りの原因は筋肉の疲労ばかりではありません。

 

デスクワークやスマホ操作、日々の生活や仕事で受けるストレスであったり、暴飲暴食・睡眠不足といった生活習慣の乱れも、血液循環が悪くなり凝りを起こす原因です。

 

そんな現代人にとってもジョギングはオススメ!

 

景色を楽しみながら出来るジョギングは、こうしたストレスを発散させ、全身をリラックスさせるスポーツでもあり、有酸素運動によって全身の血液循環が良くなるので、硬くなっていた筋肉が緩み、凝りの解消には大変効果的と言えます。

 

そして、ジョギングの適度な疲れとストレス発散効果によって良い睡眠をとることが出来るので、体も軽くなりスッキリとした目覚を迎えることが出来ます。

 

最も、頑張りすぎないということも大切ですよ。

 

楽しんでするジョギングほど、体に良い影響を与えてくれますから、その日の体の調子と相談しながら走る距離や時間を決めて凝り解消に役立ててみて下さい!

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ