開脚ストレッチがもたらす美容効果とは?!体に嬉しい3つのメリット



j

今、なにかと話題になっている「開脚ストレッチ」。

 

雑誌やメディアでも紹介され、開脚ストレッチ関連の本も人気上昇中ですね。

 

もはや知らない人はいないぐらいなのではないでしょうか。

 

体にとって嬉しいこと、メリットばかりの開脚ストレッチですが、まだまだその良さを知らず損して過ごしている人もいるかもしれないと思い、今回は開脚ストレッチがもたらす美容効果や、3つのメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク


 

開脚ストレッチの効果とは

座りっぱなしや立ちっぱなし、もしくは動き回るようなハードな仕事を終えた後の体はすかっりガチガチに凝り固まってはいませんか?

 

その原因というのが「血行不良」。

 

同じ姿勢をとり続けていたり、同じ動きを繰り返しているうちに体には疲労が溜まっていきます。

 

このようなとき、筋肉は硬くなり柔軟性を失っている状態です。

 

血液や水分・老廃物の通り道でもある血管やリンパ管が圧迫されると、筋肉に必要な栄養素や酸素が送られず、筋肉が凝り固まってしまうのです。

 

また、血液やリンパの流れをスムーズにしているのも筋肉の収縮によるもの。

 

けれども、硬くなった筋肉ではこうした機能までもを低下させてしまうため、体内には余分な水分や老廃物が溜まって、体のダルさや痛みが現れるよになります。

 

こうしたことは、筋肉疲労に限ったことばかりではありません。

 

体の歪みによっても起こることもあります。

 

誰にでも必ず「癖」というものがあります。

 

例えば、

  • 利き手利き足ばかりを使う
  • 立っている時、片足に重心を乗せる
  • 猫背の姿勢や反り腰の姿勢をとりがち

などというように、体の左右または前後をバランス良く使っている人は少ないはずです。

 

その結果、左右の筋肉の付き方や太さにも違いがあったり、肩の高さや足の長さ、腰の位置にも違いが出てきます。

 

これは、体の歪みが生み出したもの。

 

癖は体の歪みの原因でもあり、あらゆる不調にもつながるのです。

 

では、どうしたらこのような不調を防ぐことができるのでしょうか。

 

それが、ストレッチです。

 

もちろん整体やサロンで体のメンテナンスをしてもらうのも良いでしょうが、体の歪みとはほんの少しの癖によって戻ってしまうこともあります。

 

その度に通うというのは、お金も時間も必要としますよね。

 

それに比べてストレッチなら、いつでも空いた時間に出来るわけですし、体に不調が現れるのを未然に防ぐことも可能です。

 

そこで激オシのストレッチというのが「開脚ストレッチ」

スポンサーリンク


 

体に嬉しい3つのメリット

開脚することで改善される主な部位は「骨盤」

 

骨盤は体の中心部にあたり、上半身と下半身を結ぶ要でもあります。

 

骨盤はアンバランスな筋肉の使い方や、不良姿勢によって歪みを起こしやすい部分でもあり、体の中心が歪みを起こせば途端に上半身や下半身の不調の元となってしまいます。

 

例えば、

  • 下半身や上半身のむくみ
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 背中の痛み
  • 体のダルさ

骨盤が歪むだけで、凝りや痛みを引き起こしてしまいます。

 

逆を言えば、毎日のストレッチで体をケアできていれば、体の不調を防ぐだけでなく、美容や健康にも良いと言えます。

  • 下半身や上半身の血流が良くなると、筋肉を健やかに保つことができるので、代謝が良くなり痩せやすくなるということ。
  • 血流やリンパの流れがスムーズになると、老廃物の排出を促進し、細胞が活性して肌ツヤが良くなります。
  • 骨盤の歪みが改善されて、上半身・下半身の筋肉をバランス良く使えるようになり、太さや長さの違いを直すことができる。

 

アナタの健康と美容効果を高めるために、開脚ストレッチを始めていきましょう!

 

開脚ストレッチを始める前に

さあ!今日から開脚ストレッチを始めるぞ!

 

なんて気合いを入れたところで、簡単に出来るというわけではありません。

 

体の柔軟性には個人差もありますし、凝り固まった筋肉を急に伸ばすことは大変危険です。

 

開脚ストレッチを行う前に、下半身の筋肉を弛めておくことも必要です。

 

特に股関節周辺や太ももの裏側、ふくらはぎの裏側が硬くなっていると、開脚することすら困難です。

 

開脚が出来ない人は、股関節・太もも裏・ふくらはぎの裏といった裏側の筋肉が硬くなっている可能性「大」!

 

ですから、焦らずゆっくり少しずつ裏側の筋肉を弛めてから、開脚ストレッチに挑戦していきましょう!

 

まずは、筋肉を眠りから覚ますことです。

 

今まであまり使われていなかった筋肉は衰えて硬くなり、すっかり眠りに入ってしまっています。

 

日常で同じ動きしかしなくなると、誰にでも起こること。

 

だからこそ、動かして可動域を広げなければなりません。

 

それでは下半身ストレッチを始めていきましょう。

 

 

k

このポーズは、お相撲さんが土俵に上がると必ず行う「腰割」

股関節周辺の筋肉を弛め、柔軟性を高めます。

足を広げて立ち、ゆっくりと腰を落としていきます。

手は腰に当て、上半身を起こして目線は真っすぐを保ちましょう。

何度か繰り返して行うことで股関節周辺の筋肉に刺激を与え、眠りから起こします。

 

 

次に、太ももとふくらはぎの裏側の筋肉を起こしましょう!

5

片足を曲げて、体を横に倒します。

ゆっくりと息を吐きながらやるのがポイント!

左右交互に行いましょう。

 

 

最後は開脚です。

3

ゆっくりと息を吐きながら体を前に倒していきます。

できるところまでで結構です。

ただし、勢いをつけてやるのだけは避けましょう!

 

関連記事⇒下半身太りに悩む女性達を救った大人気の骨盤補正下着ランキング

関連記事⇒コリはダイエットの敵!太りたくなかったら食事制限よりコリほぐし!

関連記事⇒お尻が凄く凝って困っている人にやって欲しい凝り解消ストレッチ

スポンサーリンク

 

まとめ

毎日くり返し行っていくうちに柔軟性が高まり、始めに比べて深く前に倒せるようになります。

 

やらない期間があると元に戻ってしまうので、コツコツと継続して行うことが大切ですよ。

 

ストレッチは老若男女問わず、どこでもいつでも気軽に出来る最大の体メンテナンス法。

 

美容効果アップや健康維持、ダイエット効果を高めるためにも、開脚ストレッチをやり続けていきましょう!


【ファンケル】たっぷり試せる10日分セット♪本搾り青汁ベーシック


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ