「片方の肩だけさがっている」ある癖を直すだけで戻すことが出来る!



1

「なんか、肩の高さが違うみたいだけど・・・。」

 

こんな指摘を家族や友人にされたことありませんか?

 

普通なら、肩の高さは左右同じであるはずですよね。

 

そう思っているからこそ気が付かないものです。

 

実は、日常生活のちょっとした癖が原因で、肩の高さに違いが出てしまうんですよ!

 

スポンサーリンク


 

バッグをいつも同じ肩にかけていませんか?

2

ショルダーバッグや、トートバッグなどをかける肩がいつも同じだと、徐々に体が荷物をかけている側に傾いてしまい、それが癖づいて体の歪みを起こしてしまいます。

 

どの部分が歪みを起こしているのかというと、それは「骨盤」です。

4-crop

 

上半身を傾けた状態が続いたり頻繁にとってしまっていると、その姿勢を維持するための腰の筋肉が疲労を起こしてしまいます。

 

疲労によって硬くなって縮んでしまった腰の筋肉が、骨盤を引っ張り上げて歪みを起こしてしまうので、バッグを下した後でも肩がさがってしまっているのです。

 

しかし、バッグをかけている肩が下がるばかりではありません。

 

バッグをかけない肩が下がることもあります。

 

それは、あまりにも重たい荷物の入ったバッグだと、逆に体が倒れてしまわないようにと反対側の肩を下げて、バッグをかけている肩を上げてバランスをとります。

 

すると、バッグをかけていない方の骨盤が歪みを起こしてしまうので、肩が下がってしまいます。

 

どちらにしても、同じ肩にばかりバッグをかけるという癖が、骨盤の歪みを起こしてしまう原因となり、結果的に左右の肩の高さに違いが出てしまうのです。

 

スポンサーリンク


 

左右の肩の高さを同じにするためには?

バッグをかける肩を、同じにしないということです。

 

バッグを交互にかけるようにすれば、片方の腰だけに負担がかかるということもなくなるので、肩の高さは同じになります。

 

体の筋肉の使い方に偏りが出てしまうと、筋肉の付き方も左右で違ってしまったり、骨格の歪みを起こす原因にもなります。

 

ですから、いつも同じ肩にばかりバッグをかける癖を直して、交互に使うようにしていきましょう。

 

いつも同じ肩にかけ続けると・・・

骨盤の歪みが原因となって肩の高さに違いが出てしまう他、腰痛や坐骨神経痛、足の疲れやむくみ、冷えを起こしやすくなってしまいます。

 

また、背骨が側彎(そくわん)してしまう恐れもあります。

 

側彎とは、背骨が左右のどちらかに緩やかなカーブを描くことを言います。

 

本来であれば、背骨というのはまっすぐ一直線に並んでいますよね。

 

ですが、同じ肩にばかりバッグをかけていると、常に同じ方向にばかり体を傾ける姿勢をとってしまうので、自分の気が付かないうちに背骨が側彎してしまっているなんてこともあります。

 

それも、疲労を起こして硬くなった筋肉が原因です。

 

硬くなって縮んでしまった筋肉が背骨を引っ張ってしまうので、元の位置に戻れなくなってしまったのです。

 

背骨が側弯してしまうと、腰痛や下半身の凝りに痛み、むくみだけでなく、肩こりや首のこり、背中のこりといった上半身の不調までも起こすようになってしまいます。

 

胸郭出口症候群の原因にもなります!

3

胸郭出口症候群とは、

  • 斜角筋症候群(しゃかくきんしょうこうぐん)
  • 肋鎖症候群(ろくさしょうこうぐん)
  • 小胸筋症候群(しょうきょうきんしょうこうぐん)

を総称して言います。

 

首や胸の筋肉がこって硬くなってしまったり、鎖骨が下がってしまうと、腕の神経や血管を圧迫して痺れや痛みが出てしまう病気です。

 

重たい荷物を同じ肩にばかりかけていると、鎖骨の位置が下がってしまい、鎖骨と肋骨の間を通っている腕の神経や血管を圧迫して、痺れや痛みが出るようになります。

 

胸郭出口症候群を避けるためにも、片方の肩にだけバッグをかけたり、重たい荷物を肩に下げることは出来るだけ避けるようにしましょう。

 

 

関連記事⇒気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

関連記事⇒肩の高さズレてる?!原因は凝りが起こした【歪み】と【縮み】!

まとめ

1

体の歪みをおこしてしまわないようにするためにも、同じ肩にばかりバッグをかけることは避け、交互にかけるようにしましょう。

 

交互にバッグをかけるようにすれば、骨盤や背中の歪み起こさずに済みます。

 

また、肩の高さだって左右同じに戻すことが出来ます。

 

始めのうちは、いつもとは逆の肩にバッグをかけるのになんだか慣れなくて、違和感を感じられると思いますが、そのうち慣れます!

 

むしろ、どちらにでもかけられるようになった方が便利ですよね。

 

バッグを下した時や帰宅後には、肩や腕を回したり、筋肉の疲労を和らげるためのストレッチやマッサージをして、血行不良や歪みから体を守りましょう!

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ