肩の凝りと痛みに悩む人必見!肩甲骨はがしがその悩みを速攻解決!



パソコンやスマホの普及が進む中、肩凝りに悩まされている人も年々増加傾向にあります。

 

肩が凝る人の多くは、肩が重い、痛い、腕が上がりにくいという症状に悩まされています。

 

この肩こりには、肩甲骨周りの凝りが深く関係していることをご存知でしょうか?

 

それでは、この肩甲骨が凝るとどうなるのかということについてご説明しましょう。

 

スポンサーリンク


肩甲骨の凝りについて。

 

2-crop

 

肩甲骨周りが凝ると肩甲骨の可動域が狭まります。

  • 腕を真上に上げる動作がし辛い。
  • 腕を後方へもっていくのが辛い。
  • 凝りのせいで肩甲骨が正しい位置に戻れないまま凝り固まり、肩が内側に向いてしまう。
  • 猫背になる。
  • 首や肩が凝る。

このようにいくつかの症状が出てきます。

 

これらの症状が重くなると、生活に支障が出てしまうということも過言ではありません。

 

肩甲骨には、首、肩、背中の筋肉がミルフィーユのように重なり合ってくっついています。

 

ですから、肩甲骨周りが凝ると広い範囲に悪影響を与えてしまうのです。

 

では次に、

 

「肩甲骨周りの凝りをどのようにしたらほぐせるのか?」

 

ということについてご案内しましょう。

 

肩甲骨はがしで肩こりも解消!

 

hagasi1-crop

 

肩甲骨はがしという言葉だけでは一体どういうことをいうのか全くイメージが沸かない人や、中には

 

「なんだか痛そう…。」

 

と思ってしまう人もいるんじゃないでしょうか。

 

肩甲骨はがしとは、肩甲骨周辺の筋肉にアプローチをかけるストレッチのことを言います。

 

このストレッチをすることによって、硬くなった筋肉が緩むので、肩甲骨の可動域が広がり、それまで悩まされていた首の凝り、肩の凝り、怠さや重さ、痛みなどがスッキリ解消されます。

 

肩甲骨はがし法には、「一人でやる方法」と「二人でやる方法」あります。

 

それでは、この二つの方法をそれぞれご紹介しましょう。

 

一人で出来る肩甲骨はがし

 

3

顔の前で手を交差させて組みます。

 

上下にゆっくりと動かします。

 

腕がロックされている状態になるので、しっかりと肩甲骨に効かせることができます。

 

右腕を左腕の上にして組んだ時は、右側の肩甲骨に効かせられます。

 

左腕を上にし時は左側の肩甲骨にと、その時可動域が狭いと感じた側を多めにやるなどして繰り返しゆっくりと行うと効果的です。

 

 

 

3

肩甲骨を広げるストッレチです。

 

骨と肩甲骨の間の筋肉を伸ばしてあげましょう。

 

背中を少し丸めるようにしながら腕をゆっくりと前に伸ばします。

 

背中が伸びているのをしっかりと感じながらやりましょう。

 

いた気持ちいいと感じるとこまで伸ばしたら5秒間キープして戻す。

 

なんのストレッチをする時もそうですが、呼吸を止めず、効かせる時にゆっくりと息を吐きながら、勢いをつけずにやりましょう。

 

息を吐く時に筋肉は緩みやすくなります。

 

スポンサーリンク


2人でチャレンジ!肩甲骨はがし!

 

haga

横向きになった状態でやります。

 

上になっている肩を少し後ろに倒します。

 

このとき、肩甲骨が浮き上がった状態になりますので、その浮き上がったところに指を引っ掛けながら上にゆっくりと持ち上げて下さい。

 

ひきはがしてもらう人は、必ず力を抜くようにしてして下さい。

 

力が入ってしまうと筋肉は固くなってしまい、うまく引っ掛けられなくなってしまいます。

 

何度か繰り返しやっていくうちに、指の引っ掛かりも深くなり、引っ張ってもらっている人も最初の時に比べて、気持ち良くなってきます。

 

凝りの具合によっては多少痛みがあるかもしれないので、無理やりやらないようにしてお互いに確認しながらやることをお勧めします。

 

この「肩甲骨はがし法」は、必ずしも肩甲骨が浮き上がる人ばかりではありません!

 

なかには引っかからない人もいます。

 

凝りがひどい場合や、ただ単に浮き上がりが浅いという場合もあります。

 

ですから、その状態をきちんと見てやるようにしましょう。

 

 

関連記事⇒背中が痛い!肩甲骨の可動域を広げるだけで痛みはすぐに解消できる!

関連記事⇒肩甲骨が「よく開く!」or「よく動く!」愛され背中の作り方。

まとめ

matome2

毎日空いた時間に少しずつでも取り入れてみてください。

 

ゆっくりと無理のない程度に、お風呂あがりや就寝前にやるのが良いですよ!

 

少しやっただけでもスッキリ感を得られるのがこの肩甲骨はがしです。

 

肩甲骨はがしをすると肩甲骨の可動域が広がるので、今まで悩んでいた肩の凝り、首の凝りを解消出来ますよ!

 

早速チャレンジして、凝りのないスッキリ快適な生活をお過ごし下さい。

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ