首や肩がパンパン!マフラーやストールの巻き方にも注意が必要です!



寒い冬に大活躍のマフラーやストールは保温性にも優れ、巻いているだけでかなり暖かくなるから手放せないアイテムですよね!

1-crop

ですが、長時間巻いているとなんだか首や肩がパンパンになって、頭痛が起こることってありませんか?

 

そんな時、マフラーやストールを外した時の爽快感といったらないですよね。

 

実は、巻き方によっては首や肩の筋肉に負担をかけてしまい、コリを引き起こす原因にもなるんです。

 

今回は、マフラーやストールがなぜ首肩のコリを引き起こす原因になるのかについてご紹介します。

 

スポンサーリンク


巻いているだけなのになぜパンパンになるの?

4-crop

マフラーやストールを首にぴったりするような感じに巻いてしまってはいませんか?

 

ぴったりと巻くと隙間もなくなるから冷たい風を通さず暖かいですが、首の血管を圧迫してしまっているかもしれません。

 

血管を圧迫してしまうと血行不良が起こし、冷えや老廃物の停滞による痛みやコリを引き起こしてしまうのです。

 

長時間その状態が続いてしまうと、首から上の頭への血行も悪くなってしまうのです。

 

血行が悪くなってしまうと、顔や頭の筋肉に十分な栄養素と酸素が運ばれなくなってしまい、頭痛の原因にもなります。

 

また、血行不良によってリンパ液の流れも悪くなってしまうと、老廃物の排泄機能が低下してしまうため、顔のむくみが起きやすくなってしまいます。

 

ではどのようにして巻くのが理想的なのでしょうか。

 

次は巻くときの注意点についてご案内します。

 

スポンサーリンク


緩めに巻くようにしましょう!

マフラーやストールで血管を圧迫してしまわないように、少し余裕を持ち緩めに巻くと良いですよ。

 

それでも首肩がパンパンになる場合は、巻き方以外に問題があると言えるでしょう。

 

例えば、

  • 首に巻いたマフラーが厚めのもの
  • 巻いたマフラーやストールの形が崩れてしまってないかと気になる
  • 崩れないようにしないとなどと常に動作に気を使っている状態

 

せっかくオシャレにうまく巻けたのに崩れてしまうのは嫌ですよね。

 

しかしこのように気になってしまうことが、無意識のうちに自分の動作に制限をかけてしまい、なるべく首肩周辺を動かさないようにしてしまっているのです。

 

それが原因となり、首のコリを引き起こしてしまうこともあるんですよ。

2-crop

同じ姿勢を維持しているうちに筋肉がこわばってしまい、血行不良を起こしコリを誘発するのです。

 

首がこってしまうと、肩までコリや痛みを感じられるようになります。

 

首の筋肉は、鎖骨、肩甲骨、背骨に付着しています。

 

首が凝ると肩にまで影響が出てしまうのはこのためです。

 

また、マフラーやストールが崩れないようにと常に気になってしまうことがストレスになってしまい、筋肉が緊張した状態になってしまいます。

 

ストレスは交感神経の働きを優位にしてしまうので、血管が収縮し血行不良を起こしてしまいます。

 

そして、筋肉の緊張が続いたことによる疲労と血行不良が原因でコリを引き起こしてしまうのです。

 

首や肩に負担のかからないように緩めに巻き、首を冷えから守ることは大切ですが、少しでも首や肩を動かしたりして、筋肉がこわばらないようにしましょう。

 

 

関連記事⇒肩こりがひどくて背中が苦しい!こりをほぐさないと呼吸が浅くなる!

関連記事⇒肩の高さズレてる?!原因は凝りが起こした【歪み】と【縮み】!

まとめ

matome2

マフラーやストールはぴったりと巻き付けず、少し余裕を持たせるように巻き付けることをおすすめします。

 

あまり厚手のものや重さのあるものだと首と肩に負担がかかりやすいので、気にならない程度のものを選び、首や肩を動かして筋肉が硬くなってしまわないようにしましょう。

 

時々外したりして、首肩のストレッチを入れてみるのも良いですよ!

 

筋肉を動かしていれば凝り固まってしまうことも防げますし、筋肉の弛緩収縮により体の熱を作り出し温まります。

 

マフラーやストールが首や肩のコリの原因になってしまわないように上手に使いこなし、体を冷えから守り守りましょう!

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

2 Responses to “首や肩がパンパン!マフラーやストールの巻き方にも注意が必要です!”

  1. アライ より:

    為になりました、ありがとうございます!
    先日出掛けたら、すごく肩が痛くなってそのまま風邪を引き。。と、いう事が2回続いてしまい(+_+)
    自信を無くしていたところです。
    風邪の筋肉痛とは違うと思い、納得できる理由を探していました。
    以後気をつけます(^_^)
    風邪となるとウィルスが肩に来たとか、そんな科学的な分析ばかりネットに幅を利かせてますが、
    違う角度から見るともっと単純だったりしますね。
    新しい価値観を授けていただきありがとうございました。

    • potato811 より:

      アライ様
      コメントありがとうございます。

      冬の防寒アイテムが、まさかの首や肩の凝りを起こす要因になっているとは気が付きにくいものですよね。

      私自身寒さに弱く、マフラーは防寒対策のため、そしてオシャレを楽しむためのアイテムとして巻きますが、凝りに悩む一人でもありました。

      そのため、少しでも同じように悩みを抱える人のお役に立てたらと思い書きました。

      緩めに巻くこと、帰宅後のストレッチを実践すること、この二つできっとマフラーとも上手にお付き合いができるはずです。

      凝りを防いでオシャレを楽しむために実践していただけたらと思います。

コメントを残す

このページの先頭へ