首肩に痺れを起こす【頸椎椎間関節症】と【頸椎椎間板ヘルニア】



3-crop

このところ首から肩にかけて、ビリビリとした痺れが出るのよ・・・。

 

こんな症状に悩んではいませんか?

 

痺れは、起きている時にずっとあるわけでもなくて、時々出たりしませんか?

 

そういうときって、首や肩が張ってしまっていることが多いのではないでしょうか。

 

原因が何かわからないっていうのは不安に感じられると思います。

 

 

今回は、痺れが出てしまう原因と解消法をご紹介します。

スポンサーリンク


痺れが出る症状には・・・。

首肩の痺れの原因として、

  • 頸椎椎間頸椎椎間板ヘルニア(けいついついかんばん)
  • 頸椎椎間関節症(けいついついかんかんせつしょう)

などが考えられます。

 

首に強い衝撃や負荷がかかってしまった事によって関節が変性してしまったり、老化による変性、椎間板がつぶれて神経を圧迫してしまうことで、痺れや痛みといった症状が出ます。

 

首は7つの椎骨で構成されています。

 

椎骨には棘突起(きょくとっき)というトゲトゲした突起があります。

 

首や背中の骨のあたりを上から触るとボコボコしてますよね。

 

そのボコボコが突起部分にあたります。

6-crop-crop

棘突起部分の上下には更に、上関節突起(じょうかんせつとっき)と下関節突起(かかんせつとっき)があり、その上下の関節が合わさる部分を、椎間関節(ついかんかんせつ)と言います。

 

この椎間関節が、椎骨を支え安定させています。

 

 

【頸椎椎間関節症】は、老化や衝撃などで変性し歪んでしまった関節部分が神経根を圧迫してしまうのです。

 

 

【頸椎椎間板ヘルニア】は、椎骨の間にあるクッションの役目をしている椎間板がつぶれてしまい、椎間板の中の髄核が飛び出て神経根を圧迫してしまうのです。

 

 

このような場合整形外科を受診すると、症状が軽度であれば湿布や痛み止めの薬が処方されますが、痛みや痺れがひどく治まらない場合は、神経ブロック注射をします。

 

症状に合わせて治療をしてくれますが、軽度の場合であれば、傷みや痺れは自分でも解消することが出来ます。

 

頸椎椎間関節症だから・・・

 

頸椎椎間板ヘルニアだから・・・

 

何もしない方がいいのでは・・・

 

と動かさないのでは、痛みや痺れは解消出来ません。

 

歪んでしまっていると、歪みのある部分の筋肉に負担がかかりやすく凝りやすくなってしまっています。

 

凝って硬くなった筋肉は骨を引っ張ってしまい歪みを強めてしまいます。

 

筋肉が硬くなってしまわないようにするためにも、セルフマッサージやストレッチが必要です。

スポンサーリンク


首や肩の痺れを解消する方法!

首から出た神経は、肩を通って腕に伸びています。

 

首肩が凝ると、首のつけ根あたりに痺れが出やすくなります。

 

 

ですが、首の神経が圧迫されている部分によっては、痺れが出る部位が違うようです。

 

どちらにしても、首の筋肉の凝りを解すことが、痺れの解消法と考えて良いでしょう。

 

首のマッサージは、自分でやるとなると少し辛いですよね。

 

マッサージは、治療院や整体、リラクゼーションサロンなどで受けることをおすすめします。

 

ストレッチであれば、自宅で簡単に行うことが出来ますね。

1-crop

  1. 首の後ろで手を組みます。
  2. ゆっくり腕を前に引きます。
  3. は後ろへゆっくり引きます。
  4. 10秒間止めます。

プルプル震えてしまうほど力を入れてやらないで下さいね。

じんわりと引くようにしましょう。

 

 

2

  1. 頭の上に手をのせます。
  2. 首を斜め前にゆっくり引きます。
  3. 10秒止めます。

左右交互に行いましょう。

 

 

痺れが出てしまってからでも緩和することは可能ですが、痺れが出てしまう前に毎日続けて行うことがベストです。

 

関連記事⇒肩の凝りと痛みに悩む人必見!肩甲骨はがしがその悩みを速攻解決!

 

まとめ

matome2

私自身も、腰に軽度のヘルニアを抱えています。

 

首も凝ってくると肩に痺れが出てきます。

 

解消法として、毎日ストレッチをしています。

 

肩に痺れが出る時は、必ず首肩の筋肉が緊張して硬くなっています。

 

今は予防のために、姿勢を意識するようにしています。

 

首が凝りやすい猫背が基本だった私ですが、姿勢を改善しようと意識するようになってからは、首肩が凝るということが減り、楽になりました。

 

特別なことはしていません。

 

姿勢を正す・肩甲骨を動かす・全身のストレッチをして筋肉が固まってしまうのを防いでいるだけです。

 

年齢とともに、運動をする機会も減ってしまうと、筋肉が硬くなり柔軟性に欠けてしまいます。

 

少し動かしているだけでも、体の故障を防ぐことが出来ます。

 

普段の姿勢改善と、軽い運動やストレッチを習慣にして、頸椎椎間板ヘルニアや頸椎椎間関節症と上手に向き合っていきましょう!

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ