【右肩から腕の痺れ】原因は末梢神経を圧迫する首の凝りと歪み。



2

「肩から腕にかけて痺れが出る」

こんな症状にお悩みではないですか?

 

例えるなら、ピリピリとした弱い電流が流れるような感じでしょうか。

 

痺れの正体がわからず、よく起こるともなれば気分だって落ち込みますよね。

 

もしかするとその痺れの原因は、凝りからきているものかもしれません。

 

今回は、痺れの原因となる凝りについて詳しくお話しましょう。

スポンサーリンク


 

痺れが出るのは凝りによる神経の圧迫?!

1

初めに、腕の神経がどこから伸びていて、そしてどこを通っているのかについて簡単にお話しますね。

 

腕の神経は、頸椎と胸椎から伸びる脊髄の「頸神経第5・6・7・8」と、「第1胸神経」が複雑に交わりながら枝分かれし、鎖骨下・脇の下・肘を通って指先にまで伸びています。

 

神経の周辺には筋肉があり、そのどこか一部で凝りを起こしてしまうと、神経を圧迫してしまうことがあります。

 

圧迫されている神経によって痺れが出る部分にも違いがありますが、肩から腕にかけて痺れがでる場合は、頸椎部分での神経根の圧迫が考えられます。

 

例えば、

  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 頸椎椎間関節症
  • 脊柱管狭窄症

と言った診断を受けたことがある人、もしくはその疑いがある人は、神経根が圧迫されやすい状態にあると思われます。

 

 

このように痺れは、椎骨や関節、椎間板に問題がある場合と、筋肉の凝りが原因となっている場合の2つが考えられますね。

 

凝りが原因で起こる痺れ

3

筋肉が凝るというのは、筋肉が緊張や疲労によって硬くなってしまう事を言います。

 

神経は体中を張り巡らせているため、何らかの要因によって硬くなった筋肉の一部が、周辺の神経を圧迫してしまうと痺れや痛みといった症状が出ます

 

痺れや痛みは、圧迫された神経部分で出るばかりとも限らず、原因から離れた部分に出る「放散痛」もあります。

 

特に、首に負担をかけやすい姿勢を長時間とっていたりすると、首・肩周辺の筋肉が血行不良を起こして硬くなるため、神経が圧迫されてしまいます。

 

また、こうした不良姿勢によってかかる負担に耐え続けた頸椎が、歪みや変性、変形を起こしてしまう要因にもなるんですよ!

 

ですから、姿勢にも注意が必要ですね。

スポンサーリンク


 

神経が圧迫されやすい部分

神経が圧迫されやすい部分は、

  • 首の筋肉「斜角筋」
  • 鎖骨の下
  • 小胸筋

です。

 

 

これらの部分で骨の変形や、筋肉の凝りが原因となり神経を圧迫すると、肩や腕に痺れが出ることがあります。

 

凝りを作らないということが、痺れや痛みなどの不快症状を防ぐ方法の1つでもあります。

 

痺れは一時的なもので、ストレッチやマッサージをすることによって自然と治まることもありますが、神経が圧迫され続けると炎症を起こしてしまい、麻痺を起こしてしまったり、症状が悪化してしまう事もあります。

 

 

ですから、痺れが治まらない場合には、医療機関を受診してきちんと治療を受けるようにしましょう。

 

肩こりを防ぐ入浴法は⇒炭酸風呂が凝りに効くわけ/有名炭酸温泉紹介と自宅で手軽に炭酸入浴

肩こり以外にも痺れが気になり出したら⇒首肩に痺れを起こす【頸椎椎間関節症】と【頸椎椎間板ヘルニア】

肩だけでなく鎖骨の下に凝りを感じたら⇒鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

 

まとめ

matome2

首の凝りが原因で痺れが出ているのか、それとも歪みを起こした頸椎が原因なのかは見た目だけではわかりません。

 

 

また、神経の圧迫部分も特定するのは難しいでしょう。

 

ただ、首から指先にかけて伸びている神経の通り道のどこかで圧迫されていることは確かであり、肩から腕にかけての痺れとなると、首の凝りや歪みが原因になっていることが有力でしょう。

 

猫背などの不良姿勢をよくとる人や、スマホ操作でうつむいた姿勢を長時間とることが多い人は、首に負担がかかりやすいため注意が必要です。

 

疲労が蓄積されて耐えられなくなれば、筋肉や骨は限界に達して歪みを起こす結果となってしまいます。

 

痛みや痺れといった不快症状が頻繁に出やすくなってしまう事もあります。

 

凝り・痛み・痺れといった症状の全ては、体にとって大きなストレスでもあります。

 

ストレスも凝りを作くる原因の1つです。

 

放っておくと大きなダメージを体に与え、自律神経やホルモンバランスの乱れを起こしてしまい、病気になることもあります。

 

ストレスをなるべくため込まないようにするためにも、体がリラックスできる時間や睡眠をきちんととるようにしましょう。

 

ストレスの緩和や末梢神経の修復には、栄養素のビタミンやカルシウム、マグネシウム、葉酸をとると効果的ですよ。

 

健康な毎日を送れるようにするためにも、不良姿勢の改善、ストレッチや軽い運動を習慣にしていきましょう!

スポンサーリンク

 


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ