内転筋のこりをほぐすとどんな効果がある?一石二鳥の解消法とは。



3

歩き過ぎた日や運動をした日は、足全体がどっと疲れますよね。

 

こんな時は、普段あまり疲れを感じられないような太ももの内側にまで、怠さや痛みなどの症状が表れることも。

 

今回は、太ももの内側の筋肉に起こるこりの解消法やメリットについてご紹介しますね!

 

スポンサーリンク


 

太ももの内側の筋肉「内転筋」が凝りを起こすと

4

太ももの内側にある筋肉を内転筋(ないてんきん)と言い、日常生活では主に座っている時に足を閉じたり、足を内側に動かす・引き寄せる時に使われます。

 

この内転筋に痛みや怠さが表れる原因として、歩き過ぎや、足を引き寄せる動作の多い運動、またはストレッチなどで使い過ぎたために、疲労が溜まってこりを起こしていると考えられます。

 

  • 腰痛
  • 足を開く動作が辛い
  • あぐらをかくと痛い

 

こうしたことにも、内転筋のこりが関係している可能性があります。

 

また、内転筋のこりによって骨盤の歪むと、上半身や下半身の血行が悪くなってしまうため、背中や首、肩のこり、体の冷えやむくみを起こしやすくなり、更に代謝が落ちて脂肪がつきやすい状態になってしまいます。

 

このように内転筋がこってしまうと、下半身だけでなく上半身にまで悪影響を及ぼして、様々な不調を招いてしまうのです。

 

太ももの内側の痛みや怠さは、筋肉のこりをほぐすことによって解消されることもあります。

 

  • 内転筋のこりがほぐれるメリットは?
    内転筋がほぐれると血液循環が良くなるので、下半身に溜まった老廃物や発痛物質、余分な水分の流れもスムーズになって、怠さや痛みを解消出来ますよ!

 

それでは次に、太ももの内側のこりの解消法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク


 

内転筋のこりをほぐして血行を良くしましょう!

 

太ももの内側の筋肉を指で押したり、両手でしっかり掴んで強めに揉んでほぐして下さい。

 

次第に血行が良くなって、筋肉に柔らかさが戻ってくるはずです。

 

でも、自分でマッサージするのって結構疲れますよね。

 

誰かに頼んでマッサージしてもらえると良いですが・・・

 

そういつも誰かにお願いするわけにもいきませんよね。

 

そこで、もっと簡単に内転筋の凝りを解消したい!という人にオススメのストレッチがあるんです!

 

次は、内転筋のこりに効果的なストレッチのご紹介をしますね。

 

内転筋のこりに効くストレッチ

12-crop

ストレッチのやり方は、

  1. 仰向けに寝転がる
  2. 両足を膝を曲げずに上にあげる
  3. 両足をゆっくり開きましょう

このポーズが辛い人は、壁に足を立てかけてゆっくりと左右に開いてみましょう。

 

 

始めのうちは、筋肉が硬くなっている分伸びが悪く、多少痛みがあると思いますが、何度も繰り返し行うことで筋肉の柔らかさを取り戻し、痛みもなくできるようになりますよ。

 

このストレッチは、開いて筋肉を伸ばすことを目的にしていますが、開いて閉じての動作をテンポよく繰り返し行えば、内転筋を鍛える筋トレにもなるんです!

 

太ももの内側ってなかなか筋肉を鍛えることが難しい部分でもあります。

 

ですから、太ももの外側に比べて筋肉量も少なく柔らかいですよね。

 

それだけに、疲れやすく脂肪がつきやすい部分でもあります。

 

  • こりを伸ばして血行促進!
  • 下半身のむくみ解消
  • 鍛えて太もものシェイプ
  • 引き締まったお尻を手に入れたい!
  • お腹を引き締めたい!

 

こんな願いも、このストレッチ一つで叶うんです。

 

是非今日から始めてみて下さい!

 

関連記事⇒下半身太りに悩む女性達を救った大人気の骨盤補正下着ランキング

関連記事⇒凝りに効果があるオススメのビタミン!始めようサプリメント生活!

関連記事⇒炭酸風呂が凝り・肥満に効果あり!おすすめの炭酸泉宿(東海編)

スポンサーリンク

 

まとめ

1

ストレッチや運動は続けることが大切です。

 

しかし、張り切っているのも初めだけで、どれもこれも三日坊主になってしまうことってありますよね。

 

だからこそ簡単に何かをしながらでも出来るストレッチや運動がおすすめです。

 

今回ご紹介したストレッチは、それをクリア出来るストレッチ。

 

スマホを操作しながらだって簡単に出来ますよ!

 

内転筋のこりがほぐれて血行が良くなれば、それまであった痛みや怠さが解消され、代謝も上がって脂肪が消費されていきます。

 

また、続けていくうちに内転筋が鍛えられ、ほっそりスリムな足に大変身を遂げる事間違いなし!

 

下半身や上半身のトラブルとサヨナラするためにも、今日から始めてみましょう、内転筋のこりをほぐすマッサージとストレッチ。

 


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ