寝つき悪いのは足が熱いせい!?原因は足の凝りによる血行不良。



1

夏になると、足が熱くて眠れない!

 

そんな悩みを持つ人が多いようです。

 

足のほてりが取れないせいで寝つきが悪くなってしまうと、睡眠不足の原因にもなります。

 

一生懸命冷やして何とかならないものかと頑張っている人もいるんじゃないでしょうか?

 

でも冷やす行為って実は逆効果なんですよ!

 

冷すことよりも効果的な方法があります。

 

今回は、足が熱くなる原因と解消法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


 

足が熱くなる原因それは・・・

2

それは、足の凝りが原因です

 

足の筋肉が硬くなってしまっているせいで、血流が悪くなってしまっています。

 

体温調節を行っているのは「脳」です。

 

そして、血管を縮めたり広げたりして血液の流れる量を変え、体の熱を逃したり保ったりしています。

 

その血管をコントロールしているのが「自律神経」というわけです。

 

自律神経が、寒い時は血管を収縮させて体の熱を逃がさないようにして、暑い時は血管を緩めて体の熱を逃がすという働きをします。

 

ところが、足が疲れている時やむくんでしまっていると、硬くなった筋肉や滞った老廃物が血管を圧迫してしまって血液の流れが悪くなってしまうので、体の熱をうまく逃がすことが出来なくなりこもってしまうんです。

 

また、足をどんなに冷やしても、皮膚表面が冷えた事によって自律神経が血管を収縮させて熱を逃がさないようにしてしまうので、逆に足がほてってしまう原因になります。

 

体の凝りや冷やし過ぎが、体温をうまくコントロール出来なくする原因になってしまうんですね。

 

じゃあ、どうしたら足が熱くならずにすむのってとこですよね。

 

次はその方法についてご案内します!

スポンサーリンク


 

足が熱い!を解消する方法

足が熱くて眠れない!

 

そんな人は足の太ももやふくらはぎを触ってみて下さい。

 

太ももやふくらはぎが硬くなって張っていませんか?

 

足を冷やす前に、足の凝りをほぐしましょう!

 

硬くなった筋肉が血管を圧迫して、血液の流れを悪くしています。

 

体温調節機能アップには凝りほぐしですよ!

 

ふくらはぎや太ももの筋肉を揉んで、筋肉を柔らかくしましょう。

 

筋肉が柔らかくなると血液の流れが良くなるので、徐々に足の熱さが取れてきます。

 

特にふくらはぎが重要です!

 

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれています。

 

ふくらはぎの筋肉が伸びたり縮んだりすると静脈にある弁が開き、下半身に流れてきた血液が上に押し上げられます。

 

ふくらはぎが心臓のようなポンプの働きをしているんですね。

 

ですから、ふくらはぎを良くマッサージして下さい。

 

でも、太ももの筋肉が硬くなっていると、そこで血液の流れがストップしてしまうので、ふくらはぎをマッサージする前に、太ももの筋肉を柔らかくしておくことを忘れないで下さいね。

 

マッサージの仕方には、揉んだりさする方法があります。

 

かなり硬くなっている筋肉には、揉んで緩める方法が良いでしょう。

 

筋肉を揉んで動かすと、リンパの流れも良くなるので、老廃物の排泄機能も上がります。

 

足の怠さやむくみがとれてスッキリ軽くなりますよ!

 

ちょっと知っ得!

3

自律神経が血管をコントロールするのは先ほどお話ししましたが、他にもどんな働きをしているのかご紹介しますね。

 

自律神経とは、交換神経と副交感神経の二つの神経があり、血管以外にも、内臓、呼吸器、生殖器をコントロールをしています。

 

交感神経と副交感神経が同時に働くことはなく、

「交換神経」は

  • 起きている時
  • 活発に動いている時
  • 興奮している時
  • 強い痛みやストレスを感じられている時

に働きますが、

「副交感神経」は、

  • 寝ている時
  • リラックスしている時
  • 食事をしている時

に働くという、全く逆の働きをしています。

 

二つの神経が、いつもシーソーのようにバランスを取りながら働いています。

 

ところがこのバランスが崩れてしまうと女性ホルモンのバランスまでも崩れてしまうんです。

 

というのは、自律神経と女性ホルモンをコントロールしているのは脳です。

 

自律神経の二つの神経の働きに偏りが起こってしまうと、脳の機能が低下してしまい、女性ホルモンにきちんと支持を出せなくなってしまうんです。

 

それが原因となって、男性ホルモンの増加や生理不順を起こしてしまうというわけです。

 

では、自律神経が乱れを起こす原因ってってことになりますよね。

 

それは、強いストレスや凝り、痛み、血行不良が原因になります。

 

このような状態が交感神経の働きを強めてしまい、副交感神経とのバランスを崩してしまう結果となります。

 

また、強いストレスや継続的に受けたストレスが脳にダメージを与えてしまうので、機能が低下してしまうのです。

 

ですから、体の凝りをきちんとほぐして血流を良くするということが大切なんですね。

 

関連記事⇒下半身太りに悩む女性達を救った大人気の骨盤補正下着ランキング

関連記事⇒足むくみを解消出来るオススメ靴下!寝る時履くだけで美脚になれる!

関連記事⇒クーラーを寝る時つけたままだとむくみを起こして朝パンパンに!

 

まとめ

1

足が熱い!眠れない!は足の凝りが原因です!

 

冷すよりも先にやることは、凝りをほぐすことです。

 

一日動き回ったり、立ちっぱなしや座りっぱなしは、足に疲れが溜まっています。

 

血液の流れも悪くなって老廃物が滞っている状態です。

 

放っておくと、体温の調節が上手くできなくなってしまい、体に熱がこもってしまいます。

 

また寝つきが悪く寝不足になってしまえば、疲れが取れずイライラしてストレスが溜まり、交換神経の働きが活発になってしまいます。

 

それが原因で自律神経の乱れやホルモンバランスが乱れを起こして、体に様々な不調を起こす悪循環を繰り返すことに!

 

そんな悩みだって、足の凝りをほぐして血流が良くなれば、今までのように寝つきが悪いということもなくなって、朝までグッスリと眠れるようになりますよ!

 

朝起きた時、辛かった足のダルさも取れているから、思わず走りたくなっちゃうかも?!

 

今日から筋肉をしっかりほぐしてから、眠りにつくようにして下さいね!

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ