お辞儀をすると背中が痛い!【脊柱起立筋】の凝りが引き起こす病気。



1

挨拶をしようとお辞儀をしたら背中にズキンとした痛みが走って、深くお辞儀が出来ない!

 

こんな経験されたことありませんか?

 

背中の筋肉が硬くなってしまっている証拠です。

 

背中にある筋肉は、縦や横、斜めに伸びた筋肉が重なり合っています。

 

お辞儀をすると痛みが出るということは、縦に伸びている筋肉が硬くなって縮んでいるからです。

 

縦に伸びる大きな筋肉と言えば【脊柱起立筋せきちゅうきりつきん】です。

 

始めに、脊柱起立筋についてご案内します。

 

スポンサーリンク


脊柱起立筋とは

12

脊柱起立筋とは、背骨に沿って首から仙骨と腸骨稜まである筋肉で、

 

棘筋(きょくきん)

  • 頭棘筋(とうきょくきん)
  • 頸棘筋(けいきょくきん)
  • 胸棘筋(きょうきょくきん)

 

最長筋(さいちょうきん)

  • 頭最長筋(とうさいちょうきん)
  • 頸最長筋(けいさいちょうきん)
  • 胸最長筋(きょうさいちょうきん)

 

腸肋筋(ちょうろくきん)

  • 頸腸肋筋(けいちょうろくきん)
  • 胸腸肋筋(きょうちょうろくきん)
  • 腰腸肋筋(ようちょうろくきん)

これらの9つの筋肉を総称して言います。

 

姿勢を保つための大切な筋肉です。

 

長時間同じ姿勢でいることが多いと、脊柱起立筋が疲労を起こして硬くなって縮んでしまい、お辞儀の姿勢などのように背中を丸めた時に、、無理に筋肉が引っ張られる状態になるため、背中に痛みを感じられたり、呼吸をする時にも使われる筋肉ですので、伸びが悪くなっていることから、息苦しさも感じられるようになります。

 

また、筋肉が硬くなってしまうと、背骨の動きにも制限がかかってしまいます。

 

このように硬くなってしまっている状態をそのままにしていると、背骨の歪みを起こしてしまう原因になり、腰痛など様々な病気を引き起こしてしまうこともあります。

 

スポンサーリンク


脊柱起立筋の凝りが起こす病気

脊柱起立筋は背骨の両脇を走行していますが、両方の筋肉が均等に凝るわけでもありません。

 

不良姿勢や激しいスポーツなどによって、9つの筋肉のうちのどこかに極端に負荷がかかれば、一部だけが硬くなってしまうのです。

 

硬くなった筋肉が骨に負担をかけてしまうことで、次のような病気を起こしてしまいます。

 

 

  • 脊椎すべり症・脊椎分離症

 

幼少期などに激しいスポーツをしたことが原因で起こったり、年配の方に多く見られる病気です。

 

腰の部分で起こることが多く、負荷がかかった脊椎の一部がズレてしまったすべり症を起こし安定を失って、椎骨の一部が骨折する分離症を起こします。

 

これは逆もあり、椎骨の一部が骨折したことによって安定を失ってしまい、ズレを起こしてしまう事もあります。

 

 

  • 椎間関節症

椎骨にある上関節突起と下関節突起が負荷による摩擦やズレによって、変形や変性を起こしてしまいます。

 

関節が炎症を起こしてしまうと、神経を通じて痛みを感じられるのです。

 

 

  • 椎間板ヘルニア

椎骨と椎骨の間にあるクッションの役割をする椎間板が歪みやズレによって潰れてしまうと、髄核が飛び出して神経を圧迫し痛みが出るのです。

 

 

  • 脊柱管狭窄症

脊椎には脊髄の通る空間があり、それを脊柱管と言います。

 

歪みによってその空間が狭くなってしまうと、骨の一部が神経根に当たってしまったり圧迫してしまうため、痛みが出ます。

 

 

このように、脊柱起立筋の凝りが様々な疾患を起こす引き金となってしまうのです。

 

関連記事⇒もうやるしかない!速攻効くストッレチでガチガチ背中もユルユルに!

関連記事⇒【歪み】の原因しこりって何?いつも同じ個所に出来るのはなぜ?

まとめ

matome2

普段から気をつけることは、骨に負担をかけないということです。

 

骨に負担をかけないということは、筋肉の凝りを放置しないことです。

 

筋肉は骨を支えています、その筋肉が弱くなったり硬くなったりしてしまえば、骨に負担をかけることになります。

 

普段からも正しい姿勢を意識することも大切です。

 

そして、ストレッチなど軽い運動をして、筋肉を柔軟にして血行を良くすることが、凝り解消の手段の一つです。

 

凝りは、不良姿勢や長時間の姿勢保持によっても起こりますが、ストレスが原因でも起こります。

 

ですから、ストレスをため込まないということも大切です。

 

お辞儀をしたときに痛みが出るということは、普段から脊柱起立筋を伸ばす動きが少ないということも要因になります。

 

脊柱起立筋の硬さを解消出来れば、お辞儀で痛みが出るなんてこともなくなりますし、今以上に呼吸も楽になりますよ!

 

細胞には酸素が必要です。

 

沢山の酸素を体に取り込めるようになると、細胞の働きが良くなり代謝もアップします!

 

痛みのない快適な毎日を送れるようにするためにも、無理なく続けられるストレッチや運動を少しずつ始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ