冷房で肩が凝る!デスクワークで冷えた体に襲いかかる不調と解消法



2

夏場のオフィスは冷房がよく効いていて、出勤直後は心地よく感じるものの、時間が経つにつれて体が冷えてきませんか?

 

体が冷えてくると、上半身の凝りや怠さが出てきますよね。

 

特に、デスクワークとなると、動くことがほとんどありません。

 

これでは、体は冷える一方。

 

体の冷えが続くと、体温調整をする自律神経が体の体温を逃がさないよう血管を収縮させてしまいます。

そのため、血行不良を起こし、筋肉が酸素や栄養不足を起こして硬くなってしまうという悪循環を招くのです。

 

スポンサーリンク


姿勢を保つための筋肉に起こること

長い時間同一姿勢を保つために筋肉の収縮が続いているので、凝りを起こしやすい状態にあります。

 

それに加えて冷房の風によって体が冷えてしまうと、上半身の血行障害を起こし、筋肉が硬くなってしまいます

 

 

また、寒くなるとどうしても体を丸めた姿勢をとりやすくなったり、体に余分な力が入りやすくなります。

 

すると、負担のかかりやすい首や肩・背中の筋肉が疲労を起こして硬くなると、血管やリンパ管を圧迫してまうので、溜まってしまった疲労物質や老廃物が血管や神経・筋肉を刺激して、痛みや怠さが出てしまうのです。

 

肩こりを起こすと・・・

1

筋肉が硬くなってしまえば動きも悪くなるので、代謝も落ちてしまい、脂肪が蓄積されてしまいます。

 

どんどん溜まっていく老廃物が、脂肪細胞や繊維に絡みついた大きな塊セルライトを作り、皮膚表面がデコボコしてしまいます。

 

肩の筋肉は、ミルフィーユのように何層もの筋肉が重なっていて、首や背中、腕にもつながっています。

 

 

そのため肩こりだけでなく、首や背中にも痛みが出たり、頭への血液の流れも悪くなってしまうので、ひどくなれば頭痛や吐き気を起こしてしまう事もあるのです。

 

また、冷えや痛みは自律神経が乱れてしまう原因の一つでもあります。

 

自律神経が乱れを起こしてしまうと筋肉の緊張が続き、体が疲れやすくなったり、気分が落ち込んだりイライラしたりして、ストレスを感じられるようになります。

 

女性特有の悩みは、ストレスによるホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

 

ストレスの影響を受けた脳の機能が低下すると、性刺激ホルモンの分泌が減ってしまうため、卵巣から分泌される女性ホルモンが減少してバランスを崩してしまい、生理不順を起こすこともあります。

 

スポンサーリンク


体を冷やさないことです!

3

冷房の風向きは大丈夫ですか?

 

直接体に風が当たらないようにしましょう。

 

設定温度は28度ぐらいが良いんじゃないでしょうか。

 

省エネ運転も含め、体にとって負担がかかりにくい温度設定です。

 

前もってひざ掛けや、薄手の上着などを用意して、冷えてきたら着用するようにして調節しましょう。

 

体を動かしましょう!

少しでも体を動かして、熱を作り出すようにしましょう。

 

筋肉の弛緩収縮によって、体の熱は作り出されます。

 

上半身だけのストレッチなら、場所も取らずいつでも簡単に出来ますよね。

 

肩こりに効果のあるストレッチを紹介しています⇒肩の凝りと痛みに悩む人必見!肩甲骨はがしがその悩みを速攻解決!

 

関連記事⇒肩甲骨をグッと引き寄せ!姿勢改善背中のコリとさようならしましょ!

関連記事⇒背中のコリは老廃物のたまり場です!太る原因を今すぐ排除しよう!

 

まとめ

matome2

凝りや、血行障害、ストレスによって細胞や神経は大きなダメージを受けています。

 

血行を良くするビタミンE、末梢神経の修復に必要なビタミンB12、ビタミンB12の働きをサポートする葉酸などのサプリメントを摂るのもオススメですよ!

 

特にストレスは女性にとって大敵であり、女性ホルモンのバランスが崩れる原因でもあります。

 

ホルモンバランスが崩れてしまうと、体に様々な不調をもたらします。

 

ストレス緩和にも効果のある葉酸を摂取して、女性ホルモンを整えましょう。

【送料無料・当日発送】「ベルタ葉酸サプリ1個」妊娠前・妊娠中・授乳中でも安心の天然型酵母葉酸100%、BELTAユーザーの生の声から生まれた葉酸サプリ!業界最大級のビタミン・ミネラル 鉄分 カルシウム 野菜 美容成分を高配合!

価格:5,980円
(2016/4/19 16:36時点)
感想(3076件)


冷えによる凝りは、老廃物の排泄を妨げるので、太る原因になります。

 

硬くなった筋肉を緩めるためにも、お風呂上がりや睡眠前にストレッチをするうようにして、血行を良くしましょう。

 

血行が良くなれば、代謝も上がって、脂肪がつきにくい体になります。

 

 

また、凝りによる不快症状を防ぐことが出来るので、無理のない程度のストレッチや運動を習慣にしましょう。

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ