サプリメントじゃ痩せない!ダイエットサプリメントの落とし穴!



1

絶対痩せる!といわれているダイエットサプリメントに、どれだけの女性がお金をかけているのでしょうか。

 

本当に痩せた人っているのでしょうか?

 

私も数々のダイエットサプリメントを試してきた一人ですが、サプリメントで痩せたことは1度もない。

 

お金も結構かけました。

 

結果的に何も変わりませんでした。

 

サプリメントって医薬品ではなく、食品に分類されるもので、健康をサポートするもの。

 

その食品を摂取するだけで痩せるはずもない。

 

もし飲むだけで痩せたのなら、それは紛れもなく「体にとっての毒」であると思う。

 

「食べたもののカロリーを半分にカット」、「脂肪を落とす」、「1週間でマイナス5キロ」とか、思わず買いたくなるような言葉が商品パッケージに書かれているけれど、はっきり言って痩せない。

 

仮にも痩せたというのであれば、それはサプリメントの効果というよりも、同時進行でやっている運動やストレッチのおかげでしょう。

 

でも、そういうサプリメントに頼る人のほとんどは、正直動くことが好きじゃないから、「飲むだけで痩せる!」なんて言葉にはめっぽう弱い。

 

そして結局、動かないということが原因で、

  • 低体温
  • 冷え性
  • 便秘
  • むくみ
  • 凝り

を招き、自ら太りやすい体にしてしまっている。

 

体を動かさないでいると、徐々に筋肉が衰えたり硬くなってしまうから代謝は落ちて、摂りすぎたエネルギーは体に脂肪として蓄えられるようになります。

 

そして、筋肉が硬くなると血液の流れも悪くなるから、低体温や冷え性、老廃物の停滞を起こして、凝りや痛みなどの不調が体のあちこちに出るようになってしまいます。

 

これでは、ダイエットサプリメントを作る会社にとってもバンバンザイですよね。

 

「エネルギーの消費」「体熱を作る」「老廃物の排泄」は、筋肉の仕事。

 

サプリメントに同じ仕事は出来ません。

 

体の健康維持を目的としてサプリメントを利用するのは良いでしょうが、痩せるためにサプリメントに頼るという方法はやめにしませんか?!

 

2

痩せるために必要なことは、

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

を基盤にした生活です。

 

そのうえで、

  • 暴飲暴食
  • 塩分の摂り過ぎ

に気をつけて、筋肉を落とさないように運動やストレッチをすることです。

 

普段の生活では、必要な筋肉だけしか使わなくなってしまうので、太りやすくなってしまいます。

 

だから、ストレッチや運動では、普段使わない筋肉に刺激を与えることが大切です。

 

そして痩せやすい体に変えていきましょう!

スポンサーリンク


 

痩せ体質に変えていくためには「姿勢」も大切!

3

不良姿勢は、筋肉にとって大変な負担になっています。

 

負担をかけ続けている筋肉周辺では血液の流れが悪くなるので、その部分に老廃物が溜まって脂肪がつきやすくなってしまいます。

 

また、老廃物が筋肉を圧迫して痛みが出たり、余分な水分の排泄や筋肉に必要な栄養素や酸素の吸収を妨げるので、筋肉が硬くなって凝りを起こしたり、むくみを起こす原因に!

 

ですから、痩せ体質にするためにも不良姿勢を改善して、エネルギーを消費しやすい筋肉の状態を保ちましょう。

スポンサーリンク


 

代謝をサポートするサプリメント

ダイエット中にとって欲しい栄養素というのが、代謝をサポートしてくれる働きをするビタミン群。

 

  • 糖質の代謝⇒ビタミンB1
  • 脂肪の代謝⇒ビタミンB2
  • タンパク質の代謝⇒ビタミンB6

ビタミンB群は水溶性の為体内に蓄積されず、使われなかった分は尿で排泄されてしまいます。

 

けれども、これらの栄養素を普段の食事から摂ることはとても難しいんですよね。

 

サプリメントを服用するだけで痩せることはありませんが、代謝を促してくれる栄養素なので、足りない分を補うためにもサプリメントを取り入れると良いのではないでしょうか。

 

補足ですが・・・

代謝以外にも、

  • B1⇒中枢神経や末梢神経を正常に保つ働きをします。
  • B2⇒皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きます。
  • B6⇒皮膚や粘膜の健康維持、神経伝達物質の合成を助けます。

体の成長や健康維持に、そして美容にも必要不可欠なビタミン。

 

肌荒れやニキビ、口内炎の予防にも、これらのビタミンが働きかけてくれますよ。

 

 

気になる下半身太りを解消するオススメの「骨盤補正下着ランキング」はコチラ→管理人一押し【骨盤補正下着】ランキング

関連記事⇒「肩甲骨が硬くて太る」背中トラブル3つの要素は凝り・冷え・老廃物

関連記事⇒コリはダイエットの敵!太りたくなかったら食事制限よりコリほぐし!

スポンサーリンク

 

まとめ

3-crop

ダイエットを成功させるために必要なのは、

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動

そして、不良姿勢の改善です。

 

姿勢が良くなると、普段使われていなかった筋肉が使われるようになるので、その分エネルギー消費量も増えますよ!

 

必要ないエネルギーを体に脂肪として蓄積させないためにも、体をとにかく動かすようにしましょう。

 

サプリメントは、健康維持と美容を目的として正しく服用して下さいね。



【ファンケル】たっぷり試せる10日分セット♪本搾り青汁ベーシック


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ