生理前と生理中の辛い背中の凝りはホルモンバランスが関係していた!



女性は、生理の前になると心と体に様々な不調が起こります

8-crop

また、生理の前や生理中に、ひどい背中の張りや凝りに悩まされている女性が大変多いのです。

 

それには、ホルモンバランスの乱れが関係していると言われています。

 

生理前の体にはどんなことが起こっているのでしょうか。

 

 

今回は生理の前と、生理中に起こる背中の凝りについてご紹介します。

スポンサーリンク


 

もしかするとPMS(生理前症候群)かもしれません!

 

生理の2週間前になると起こると言われているこのPMSは、人によって出る症状も様々であり、症状の種類は200種類以上もあると言われています。

 

原因は未だにはっきりとしていませんが、生理前の二つのホルモンバランスの乱れが影響していると言われています。

 

 

では、PMSになるとどんな症状がでるのでしょうか。

9-crop

 

【心の不調】

  • イライラ
  • 憂鬱
  • 集中力の低下
  • やる気が出ない
  • 不安
  • 怒りっぽくなる

などの症状が出たりします。

 

性格によっても、出る症状や症状の強さも違うようで、几帳面な人や強いストレスを抱えていたり、生活習慣が乱れている人ほど症状が強く出てしまうようです。

 

【体の不調】

  • 肌荒れ・ニキビ
  • 怠さや疲れ
  • 頭痛
  • 肩凝り
  • 腰の痛み
  • 背中の凝り
  • むくみ
  • 乳房のはりや痛み

などといった症状が出ます。

 

 

ういった症状は、生理になる14日前に起こる、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という2つのホルモンが、「排卵」を境にした変動が関係していると言われています。

 

生理の前は、低温期と高温期があります。

 

高温期に入ると黄体ホルモンが多く分泌され、体に様々な不調が起こるのです

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)の働き

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、妊娠を助けるという大切な役目を果たしています。

 

その一方で、水分を体にためやすく排泄しにくい状態になってしまうため、むくみや、怠さ、乳房の痛みなどといった症状が出てしまうのです。

 

 

では、背中のひどいハリや凝りといった症状はなぜ起こってしまうのでしょうか。

スポンサーリンク


 

背中が凝るのは何が原因?

4-crop

女性ホルモンと自律神経は、脳の視床下部というところから指令を受けていて、ホルモンバランスが乱れると自律神経が乱れ、自律神経が乱れるとホルモンバランスが乱れてしまうのです

 

このように、女性ホルモンと自律神経とは深い関係にあり、これらのバランスが取れているときは、心と体の状態も良いと言えます。

 

しかし高温期に入ると黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されることによって、交感神経の働きが優位になってしまうのです。

 

【交感神経の働き】は、

  • 気分が興奮状態になる
  • 血管の収縮
  • 筋肉の緊張

を起こします。

 

【凝りは】

血管が収縮することで血行不良を起こしてしまうため、筋肉へ十分な酸素や栄養が運ばれなくなり、体が冷え、老廃物が滞るといったことが原因で凝りを引き起こしてしまうのです。

 

背中がひどく凝るといった症状が出てしまう人は、それまで凝りを感じられていなかったものの、何らかの要因によって背中の筋肉が疲労を起こしており黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多い高温期に入って、交感神経の働きが強まったために、背中に強い凝りを感じられているのです。

 

そんな時は・・・。

1-crop

マッサージや、入浴でリラックスしましょう。

 

背中の凝りがひどい時が続くのは辛いもです。

 

ガチガチに凝っていれば、筋肉が硬いせいで呼吸も浅くなってしまいます。

 

とにかく気分も落ち込み、やる気も失せてしまいますよね。

 

 

また食事では、ビタミンB6を多く摂ることをおすすめします。

 

ビタミンB6は、PMSの緩和に効果があると言われています。

  • 豚肉
  • 大豆
  • 玄米

などを取り入れた食事が良いでしょう。

 

関連記事⇒生理中の腰痛はカルシウム不足を起こした筋肉が関係している?!

関連記事⇒コリが原因でニキビができるの?!コリとニキビの深い関係と予防法!

スポンサーリンク

 

まとめ

matome2

背中の凝りがひどくて辛いときは、リラクゼーションサロンなどへ行ってみるのも良いのですね。

 

気分転換にもなりますし、精神的にリラックス出来ると凝りも緩みますよ。

 

また、PMSにならないようにするためにも、普段からストレスをため込まず、軽い運動などをして体を動かすことをオススメします。


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ