背中に溜まった老廃物は鍛えて伸ばして排出促進!背中二の腕筋トレ法



cats-crop

背中の筋肉凝り固まっていませんか?

 

凝り固まった背中には、老廃物がタップリ溜まっています。

 

血液の流れも悪くなってしまっているから、首・肩・背中はいつもガチガチに!

 

凝りは、筋肉の衰えとも関係しています。

 

背中の筋肉が衰えてしまっていると、上半身のバランスが崩れて、猫背の姿勢になりやすくなるんです。

 

姿勢維持に働いている筋肉は、主に背中の筋肉の「脊柱起立筋」です。

 

この筋肉が硬くなってしまったり衰えてしまうと、姿勢が崩れたり、常に首や肩、背中が張っていたり、痛みや痺れが現れてしまうこともあるんですよ!

 

万年肩凝りから抜け出すためには、背筋を鍛えて腹筋とのバランスを良くすることです。

 

筋肉を鍛えて、ストレッチで伸ばす!

 

鍛えられた筋肉は、柔軟性を取り戻し血行が良くなります。

 

また、ストレッチは筋肉の柔軟性を保つ・弛める効果があります。

スポンサーリンク


 

老廃物のはナゼたまる?

老廃物とは、古くなった細胞や不要なタンパク質、脂質、糖質、塩分を言い、これらは血液から染み出た血漿を含む細胞と細胞の間を満たす間質液に混ざっていて、リンパ管を通って体の外に排出されていきます。

 

リンパ管には、心臓のようなポンプの役目をする器官はなく、筋肉の収縮によって働く組織であるため、流は非常にゆっくりであり、筋肉の動きが悪くなってしまえば、リンパ液の流が悪くなってしまったり詰まりを起こしてしまうのです。

 

背中の筋肉が凝り固まってしまうと、筋肉の動きが悪くなってリンパの機能が低下してしまうから、老廃物が滞ってしまうというわけです。

スポンサーリンク


 

背中の筋肉と二の腕との関係

背中の筋肉は姿勢維持や呼吸の補助、首を支えるといった働き以外にも、腕を横に広げたり後ろに引いたり、背中の中心に向かって動かす下方回旋に働きます。

の時同時に、肩甲骨は閉じたり開いたりする動きをして、二の腕の筋肉の上腕三頭筋が収縮します。

 

このように腕を動かすと、背中の筋肉や肩甲骨も連動して動くため、背中の筋肉が凝り固まっていると、腕の可動域も悪くなるし、背中だけでなく腕にも脂肪がつきやすくなります。

 

背中の筋肉と肩甲骨は、美しい背中と引き締まった二の腕をつくるための「要」であるということが分かっていただけたでしょうか。

スポンサーリンク

 

背中と二の腕に効果的な筋トレご紹介!

フィットネスバンド」というゴムを使った筋トレ法をご紹介したいと思います。

 

t

ゴムバンドを両手で握って、頭の上にあげます。

o

肩甲骨の位置までゆっくりと、ゴムバンドを伸ばしながら腕を下ろします。

そしてゆっくりと最初の位置に戻します。

10回×3セット行いましょう。

ゴムバンドを持つ手の位置を近くすることで、腕や背中の筋肉にかかる負荷が強まります。

 

u

次は、ゴムバンドを片足で踏んで固定します。

 

p

両手でゴムバンドを握りましょう。

この時、下の位置で握っている手の方がメインに負荷がかかります。

 

y

両手を真上に上げます。

ゆっくりと腕を戻します。

10回やったら手を持ち替えて10回やります。

 

g

今度はストレッチです。

腕の重さを利用して伸ばします。

交互にゆっくりじっくり行いましょう!

 

 

筋トレの前後には、必ずストレッチを入れてからやるようにしましょう。

 

いきなり筋トレをやったり伸ばさずに終えてしまうと、腕や背中の故障を起こしたり、疲労が残って翌日にも響いてしまいますからね、忘れずに行って下さい。

 

今回使ったゴムバンドには、ソフトとハードの2種類があり、私が使っているものは、下のハードタイプになります。

La・VIE フィットネスバンド 3B-3011 ピンク ソフト

価格:498円
(2016/10/15 11:15時点)

 

La・VIE フィットネスバンド 3B-3012 ブルー ハード

価格:628円
(2016/10/15 11:18時点)

自分の好きなように負荷を調節することが出来るのでオススメです。

 

ちなみに私は、ソフトが売り切れていたのでハードにしただけですが、調節も出来るおかげでハードでもいい感じに出来ました!

 

この他にもゴムバンドは色々な商品が出ていますので、自分に合いそうな使いやすそうなものを見つけて見ても良いのではないでしょうか?

 

関連記事⇒「肩甲骨が硬くて太る」背中トラブル3つの要素は凝り・冷え・老廃物

関連記事⇒肩甲骨が「よく開く!」or「よく動く!」愛され背中の作り方。



まとめ

背中・肩甲骨・二の腕を筋トレで鍛えて、ストレッチで伸ばす!

 

使える筋肉を増やして柔軟性を保つことは、血流や老廃物の流れをスムーズにして、代謝アップや凝り防止にも効果的です。

 

背中美人目指して、あなたも今日から実戦してみて下さい!



当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ