スノボやった後に腕が筋肉痛に!足を使ってるのになんで腕なの?!



3-crop

「スノボーの後、必ず腕がパンパンになっちゃう!」

 

「足を使うスポーツだってのに、なんで毎回毎回こんなにも腕が筋肉痛なのぉ~~~?!」

というように、腕の痛みに悩んでいる人も多いようです。

 

これはいったい何が原因なんでしょうか??

 

今回は、スノボの後になぜ腕の筋肉痛を起こしてしまうのかについてご紹介します。

スポンサーリンク


 

原因その1

5-crop

 

  • 滑るときに腕を使ってバランスをとっているから。

 

バランスをとろうとして指先にまで力が入ってしまっていませんか?

 

腕の痛みが出る症状は初心者に多く、慣れないうちは体のいろんなところに余分な力が入ってしまうものです。

 

滑っている最中は、夢中になって気が付かないものですよね!

 

腕の筋肉は、長時間の緊張が続いたことにより疲労を起こしてしまいます。

 

その結果、あとから筋肉痛といった痛みが出てしまうのです。

 

原因その2

4-crop

 

  • 何度も何度も転倒を繰り返すから。

 

最初の頃は、何度も何度も転倒を繰り返し、その度に腕を使って立ち上がりますよね。

 

同じ動作を繰り返すということは、それだけ同じ筋肉に負担をかけ続けることになります。

 

ですから、腕には疲労が溜まり、気が付くと痛みが・・・

 

このように、腕の使い過ぎによって痛みが現れているのです。

スポンサーリンク


 

原因その3

2-crop

 

  • 腕からの転倒が痛みを引き起こしている。

 

スノボでは、転んだ時に肩や腕を強打してしまうことありますよね。

 

何度も転倒を繰り返しては腕を強打→そしてまた腕を使って立ち上がる

 

そのため、腕には疲労が溜まりパンパンに張ってしまいます。

 

翌日の痛みは、こうした外傷も原因の一つです。

 

しかし、こうした症状は初心者の人に限られたことでもなく、久しぶりに滑る人にも起こり得ることであり、日常で使う筋肉とは違う筋肉を使えば当然筋肉は悲鳴をあげます。

 

ましてや、スノボは全身の筋肉痛を起こしてもおかしくないスポーツです。

 

また、シーズンが終わってしまえば、同じ筋肉を使う場面がなくなりますよね。

 

うなれば、またスノボをしたときには筋肉痛が起こすでしょう。

 

それでは次に、筋肉痛を起こした時の正しい対処法についてご紹介しましょう。

 

筋肉痛を起こしたら

筋肉痛は、筋肉が炎症を起こしている状態を言い、炎症を起こしている筋肉から出る発痛物質が筋膜を通る神経を刺激して痛みが現れます。

 

まずは、痛みが出ている部分に冷湿布を貼って冷やし、炎症を鎮めます。

 

痛みを和らげるためには、血流を良くして体内から発痛物質を素早く除去することが大切ですが、筋肉痛を起こしている時に強く揉んだり伸ばしたりすることはかえって炎症を悪化させてしまうこともあるので、優しく揉んだり、さするぐらいにしましょう。

 

痛みが引いてきたら、徐々にストレッチやマッサージで硬くなった筋肉をほぐしていきましょう。

 

血流が良くなって筋肉に酸素が行き届くと、回復力も高まります。

 

筋肉痛は放っておいても、長くても、大体1週間ぐらいで治ります。

 

しかし、転倒時などに強く腕や肩を打ち付けてた場合、筋肉痛のような痛みが出ていたりしていても、筋肉以外の部分の炎症を起こしている可能性も考えられます。

 

見ただけでは判断が難しいこともあるので、あまりにも痛みが長引いてしまうようなら、必ず整形外科へ行って診てもらうようにしましょう。

 

痛みが長く続くと強いストレスになって、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足やイライラ、集中力の低下など、体に多くの不調をもたらします。

 

ですから、きちんと正しい対処をしましょう!

 

筋肉痛を早く回復させる食べ物

タンパク質やビタミンは、疲労回復や筋肉痛の緩和に効果があります。

 

【タンパク質を多く含む食品】

  • 大豆
  • 乳製品

 

 

【ビタミンB1を多く含む食品】

  • 豚肉
  • ウナギ
  • 玄米

 

栄養剤やサプリメントで補うのも良いのではないでしょうか。

 

 

 

関連記事⇒炭酸風呂が凝りに効くわけ/有名炭酸温泉紹介と自宅で手軽に炭酸入浴

関連記事⇒お尻が凄く凝って困っている人にやって欲しい凝り解消ストレッチ

スポンサーリンク

 

まとめ

matome2

痛みが出ている部分は炎症を起こしています。

 

冷湿布を貼って冷やすようにしましょう。

 

徐々に痛みが治まってきたら、筋肉の緊張を弛め血流を良くするために、温湿布に切り替えて下さい。

 

また、お風呂に浸かりながらパンパンになってしまった腕全体をマッサージしたり、硬くなった筋肉を伸ばすためのストレッチを無理のかからない程度にやりましょう。

 

全身に疲れが溜まりダルさ残っている場合は、しっかり栄養を摂ってきちんと休息をとるということが1番早い回復につながります!

 

冬のスポーツを安全に楽しむためにも、日頃から軽い運動をして体力をつけたり、ストレッチで筋肉を柔軟にしておきましょう。

 


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ