座りっぱなしは【腕が上がらない】原因になるそのワケとは・・・



4

座りっぱなしが多いデスクワークをする人に多いのが、「腕が上がらない」という悩み。

 

腰痛や肩凝り、首凝りに並ぶほど実は多いんです。

 

ではなぜ腕が上がらなくなってしまうのでしょうか。

 

その原因の一つには、腕の筋肉硬の衰えがあげられます。

 

座ったままの同一姿勢が多いデスクワークは、体を動かすことがほとんどなく、姿勢保持のために筋肉の緊張が続いています。

 

しかし、筋肉をあまり使わなかったり動かさないでいると、筋肉が痩せて柔軟さを失い、動きが悪くなってしまうのです。

 

学生の頃は、体育の授業や部活で体を動かす機会が多かったものの、大人になると運動不足になりがちです。

 

徐々に運動から離れていくうちに、良く使われる筋肉は限られていきます。

 

すると、それまで辛いと思わなかった態勢が辛いと感じられるようになってしまうほど、関節の可動域が狭くなってしまうのです。

 

スポンサーリンク


 

デスクワーク中の姿勢にも問題があります。

デスクワークの最中の姿勢は崩れていませんか?

 

たいていの人が猫背になりがちです。

 

猫背の姿勢になってしまうと、肩甲骨が背中の外側にズレてしまい、徐々に肩が体の内側に向く「巻肩」になってしまいます。

 

すると、肩甲骨周辺の筋肉が疲労を起こして硬くなり、周辺の血管を圧迫してしまうため、血流が悪くなり、筋肉が酸素と栄養不足を起こして柔軟性を失ってしまいます。

 

その結果、肩甲骨の可動域が狭くなり、腕を真上に上げることが出来なくなってしまうのです。

 

また、肩関節を覆うようについている筋肉に三角筋という筋肉があります。

腕を上る動作時に貢献しますが、動かさないでいると硬くなってしまうため、腕が上がりにくくなる原因にもなります。

スポンサーリンク


 

腕が上がらない肩関節周囲炎かも?

5

腕の筋肉の使わな過ぎが原因で筋肉が硬くなり伸びが悪くなる他、肩関節周囲炎が原因ということも考えられます。

 

肩関節周囲炎とは、俗にいう「四十肩・五十肩」を言います。

 

40代から50代の人に多く見られる症状のためこのような病名がついていますが、最近では30代の人でも起こる病気でもあります。

 

肩関節周辺の組織が炎症を起こしてしまい、腕を上げ切った最後のところで強烈な痛みが出ますが、肩関節周囲炎以外にも腱板断裂の場合でも腕を上げられなくなります。

 

腱板とは、肩関節周辺の筋肉が上腕骨に付着する部分を言います。

 

腱板の炎症が進むと断裂にまで至ることがあり、痛みの特徴としては肩関節周囲炎とは違って、腕の上げ始めから痛みがあります。

 

肩関節周囲炎の原因は未だにはっきりとはわかっていませんが、筋肉や骨、軟骨の老化や変形、変性、関節包の炎症や腱版の炎症・石灰化が主な原因としてあげられています。

 

腱板炎や断裂は、腕を酷使するスポーツをする人にも起こる病気でもあります。

 

腕の付け根に痛みが出て上がらない、または痛みが長引き改善が見られないような場合は、整形外科を受診し治療を受けましょう。

 

肩関節周囲炎が治るまでの期間には個人差があり、数ヶ月で痛みがなくなる人もいれば、何年も痛みが続いてしまう人もいますが、大多数の人が自然に回復します。

 

しかし、腕の痛みが続いている間は、痛みが出ないような動きと姿勢をとることから、痛みが消えた後も肩関節の可動域には制限が残り、姿勢が悪くなってしまう人が多いので、痛みが引いてきた時から少しずつ肩を動かすことが大切です。

 

 

関連記事⇒肩甲骨が正常な位置に戻らないのはコリが邪魔しているからなんです!

関連記事⇒肩が前に出ている巻肩姿勢は首肩コリを引き起こす&バストが垂れる!

スポンサーリンク

 

まとめ

1

腕が上がらなくなった時は、動かさなかった分、腕の上げ始めは多少痛みが出るでしょうが、根気よく動かすようにしましょう。

 

諦めてしまえば、関節の可動域は狭いままです。

 

肩甲骨の動きも悪くなることから、首や肩、背中が血行不良を起こして冷えや凝りを起こしてしまいます。

 

そして、凝りが原因で頭痛や痛み、痺れや怠さといった症状が出てしまうと、日常生活に支障をきたすこともあります。

 

また、毎日使う腕が上がらないというのは、相当なストレスがかかるのではないでしょうか。

 

ストレスは更に体に大きなダメージを与え、自律神経やホルモンのバランスを崩す原因にもなります。

 

ですから、座ったままでも出来る腕の筋肉を伸ばすストレッチをこまめにやるようにし、座っている時の姿勢にも気をつけていきましょう!

6-crop

 

腕が上がるようになれば、服を着る時や脱ぐ時の苦労がなくなります。

 

腕が上がらなくて諦めていたスポーツや趣味も、再び楽しめるようになりますよね。

 

自分に合った簡単なストレッチや運動を見つけ、腕が上がるように根気よく続けていきましょう。



当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ