【食後に左肩が痛くなる】それは胃の疲れからきている肩こりです



2-crop

 

毎回食事の後肩のあたりに違和感や、張り痛みが出ることってありませんか?

 

それも決まって左の肩に!

 

実はその症状、が関係してるんですよ!

 

肩こりといえば、同じ姿勢をとり続けた場合や、腕を酷使した場合などに起こる筋肉疲労や血行不良が原因の肩凝りですよね。

 

でもそれとは違い、今回の肩こりは「食後に起こる」というのがポイントです。

 

今回は、「食後に起こる肩こり」の原因についてご案内します。

スポンサーリンク


 

内臓の痛みを伝える神経について

3-crop

まずは、内臓が痛みをどのように発信しているのかということからご案内します。

 

内臓は、中枢神経から枝のように伸びた【自立神経】によってコントロールされています。

 

自律神経には二つの働きをする神経があります。

 

それは、

  • 交感神経
  • 副交感神経

です。

 

この二つの神経はいつだって反対の働きをしています。

【交感神経は】

  • 主に活動している時
  • 興奮している時
  • 起こっている時
  • ストレスを感じている時

です。

【副交感神経は】

  • 睡眠時
  • リラックスしている時
  • 食事をしている時

です。

 

このように反対の働きをする神経が同時に活躍することはなく、バランス良く働くことで私たちの体のバランスも保たれています。

 

では、痛みはどのようにして起こるのでしょうか。

 

私たちが痛みを感じられる時、その部分から出る「痛み伝達物質」が神経を通じて脳に送られます。

 

この神経の働きによって、私たちは「痛い!」と感じられるシステムになっています。

 

痛みを伝える役割をしているのが神経を【感覚神経】といい、「知覚神経」ともいわれていて、物に触れた時や何かにぶつかった時、または切ったりした時に、

  • 熱い
  • 冷たい
  • 痛い

などと感じられるのも、この感覚神経の働きによるものです。

 

そして感覚神経が最も多く分布しているのが、皮膚や筋肉です。

 

内臓にも同じように痛みを伝えるこの感覚神経はあるのか?ということになりますよね。

 

もちろん内臓にも痛みを伝える神経はあります。

 

しかし、内臓には、煮ても焼いても切っても痛みを感じられない器官もあるぐらいで、感覚神経も、皮膚や筋肉には多くあるのに対して、内臓には少ないんです。

 

しかも!

 

この痛みを伝える神経には、伝達のは速いものと遅いものがあり、内臓の一部に通っている神経のほとんどが伝達の遅い神経なんです。

 

だから、お腹が痛くてもどこが痛いのかがぼんやりとしていてはっきりとわからないなどといったことも、神経の多さと速さが関係しているのです。

スポンサーリンク


 

胃が痛みと左肩のこりとの関係

1-crop

では、なぜ胃が痛い時に、左の肩が痛くなってしまうのでしょうか。

 

例えば、

  • 食べすぎ
  • 飲み過ぎ

により、胃がオーバーワークを起こしたとしましょう。

 

疲労を起こした胃が、神経を通じて異常を脳に伝えます。

 

けれども、先ほどもお話したように、内臓に通っている神経が伝えるスピードは、筋や腱、皮膚などの炎症をえる神経のスピードに比べて大変遅く、こうした痛みや異常に早い反応を示すのが交感神経です。

 

そこで、胃に近い部分の血管と筋肉は、この交感神経の働きによって、収縮と緊張を起こします。

 

胃のある位置に注目してみましょう。

 

「胃は上半身の左上」にありますよね。

 

胃の周辺にある交感神経の働きによって、血管の収縮と筋肉の緊張を起こした左肩に違和感・張りといった症状が【左肩】に現れるのです。

 

また、血流が悪くなって硬くなった左肩の筋肉に老廃物が溜まると、その部分から発痛物質が分泌されます。

 

それが神経を通じて脳に伝わると、「痛みの原因は肩だ!」という脳の判断によって、単なる肩こりと認識してしまうのです。

 

痛みに速く反応し、しかも速く伝えられる感覚神経が多く分布しているのが皮膚や筋肉に多いことから、このような勘違いを起こしてしまうのですが、脳が支配している器官が多すぎるということも勘違いを起こす原因なんでしょうね。

 

関連記事⇒食後に起こる辛い肩こりの原因は何?すぐに出来る解消法はコレ

関連記事⇒背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポンサーリンク

 

まとめ

matome2

左肩が食後に痛むことが頻繁にあるようでしたら、食生活の見直しが必要かもしれません。

密かな胃からの訴えがそこに現れているのだとしたら、胃のためにも休息が必要ですよ。

また、「膏肓のツボ」という肩こりに効くツボが、肩甲骨の上角と下角を結んだちょうど真ん中あたりにあります。

膏肓のツボを押すと痛い人や、張りがある人は慢性の肩こり、または、胃が疲れていると言われています。

押すことで、肩こりを緩和する働きもありますので、お役立て下さい!


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ