腕の曲げ伸ばしをすると肘が痛い!【上腕三頭筋】の炎症が原因かも!



4-crop

腕を曲げると肘あたりが痛くて・・・。

腕を曲げた時に痛くて力が入らない・・・。

こんな経験されたことありませんか?

「単なる筋肉痛だろう」と思って放っておいたら、もう数週間も経って

いたってことないですか?!

通常筋肉痛であれば、長くても1週間で治りますよね!

凝りのせいだろうと思ってリラクゼーションサロンへいってほぐしても

らっても改善されず、不安を抱えている人もいるのではないで

しょうか?

 

原因は何?!

そして、果たしてそれが「凝り」のせいなのかということになり

ますよね。

 

今回は、腕の痛みの原因と改善方法についてご紹介します。

スポンサーリンク


上腕筋のつくりをcheck!

腕を曲げる時に使われる筋肉は、

上腕二頭筋と三角筋です。

【上腕二頭筋】は

  • 上腕二頭筋長頭(じょうわんにとうきんちょうとう)
  • 上腕二頭筋短頭(じょうわにとうきんたんとう)

という2本の筋肉をいいます。

 

【三角筋】は、上腕二頭筋を覆うようについていて

  • 前部
  • 中部
  • 後部

の三本の筋肉を言います。

 

腕を曲げる時は、上腕二頭筋と三角筋が収縮します。

その時、腕の裏側(二の腕)についている筋肉の上腕三頭筋が伸び

ます。

 

【上腕三頭筋】は

  • 上腕三頭筋長頭(じょうわんさんとうきんちょうとう)
  • 外側頭(がいそくとう)
  • 内側頭(ないそくとう)

の3本の筋肉をいいます。

腕を伸ばすときに使われる筋肉で、上腕二頭筋とは逆の働きをしている

筋肉ということになります。

 

上腕三頭筋腱の炎症が原因?!

6-crop

腕を曲げる時に、どこの部分が痛いと感じられているのかが問題です。

肘に痛みが出ているとなると、上腕三頭筋の「」が何らかの要因に

よって炎症を起こしている可能性があります。

筋肉の収縮が何度も繰り返されるうちに腱が炎症を起こすと、上腕三頭

筋の付着部分の肘頭に痛みが出ます。

これを【上腕三頭筋腱炎】といいます。

 

例えば、

  • 野球
  • テニス
  • バドミントン

などは、上腕三頭筋に負担がかかりやすいスポーツでもあります。

勿論、日常生活や仕事で

  • 重たいものを持ち上げる
  • 押す
  • 腕立て

といった動作を繰り返し行うことで、炎症を起こすこともあります。

肘に痛みが出てしまった時は、放っておくと回復までに時間もかかって

しまいます。

医療機関をきちんと受診して診てもらうようにしましょう!

 

腕を曲げると、肘の近くの筋肉に痛みが出たり、しこりのような硬い

部分がある場合は、上腕三頭筋長頭と外側頭が何らかの要因によって

疲労が蓄積され硬くなり、伸びなくなってしまっていることが原因で

痛みが出ていると考えられます。

通常通り伸びていれば、曲げる動作もなんなくこなせるはずが、疲労や

炎症を起こして伸びなくなってしまえば、曲げられる範囲が狭まってし

まいます。

しかも、上腕三頭筋は上腕二頭筋に比べて鍛えることが難しく、強い

肉ではありません。

 

そのため、疲労を起こしやすい筋肉でもあります。

考えてみたら、腕を使わない時って寝ている時ぐらいじゃ

ないでしょうか?

それぐらい腕の筋肉は働きっぱなしなんですよね。

 

ですから、痛みがあっても安静にさせることが難しい腕の疲労や

炎症は、長引きやすいのです。

 

とはいっても、日常で毎日使う腕の痛みをただ耐えるのって辛い

ですよね!

スポンサーリンク


テーピングやサポーターで保護しよう!

そんな時には「サポーター」や「テーピング」を使って関節や筋肉を

フォローするのがオススメです!

2-crop

痛みが出やすい肘を守るためにも、スポーツを始める前に張っておく

のが良いでしょう。

多少痛みがあっても、サポーターやテーピングをすることで、

パフォーマンスを高められます!

 

テーピングは、筋肉に沿って肘を覆うように肩まで貼りましょう。

5-crop

「伸縮」タイプと「非伸縮」タイプがありますが、動きの激しい

スポーツや、痛みを軽減させることを目的とする場合は、伸縮伸縮

タイプのテーピングがオススメです。

非伸縮タイプは、痛みが出ないように筋肉や関節を固定して動かないよ

うにすることを目的としています。

主に、骨折、捻挫、脱臼などに使用します。

テーピングの太さにも種類があるので、貼る部位に合わせて調整しま

しょう。

とくに貼り方に決まりはありません。

  • 張った時の違和感がないか
  • 巻き付けるように貼った時に、きつく巻き過ぎていないか

などに注意をして、痛みが緩和されていればOKですよ!

 

関連記事⇒腕がパンパンで辛い!放っておくと肩コリを引き起こす!その原因は?

 

まとめ

matome2

肘の痛みを早く回復させるためにも無理はせずに、なるべく負担がかか

らないようにし、安静にするのが一番です!

肘の痛みが出て、長引いてしまっているようであれば、医療機関を受診

して下さいね!

痛みや炎症から肘を守るために、サポーターやテーピングを使ってみて

下さい。

テーピングは、かゆみやかぶれが出てしまうようであれば、使用を中止

しましょう。

長時間の使用は控えるなどして調整しながら使うようにして下さいね。

「痛み」というストレスを緩和させるためにも、是非サポーターや

テーピングを活用してみて下さい。

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ