横向きで寝ると肩パンパン!横向き睡眠が体に与える悪影響とは。



2

横向きで寝た翌朝は、肩がパンパンに張っているってことありませんか?

 

横向きで寝ると、下になっている腕が、布団と体に挟まれる状態になります。

 

この時、腕の血管が圧迫されてしまい、血流が悪くなってしまいます。

 

ですから、腕の筋肉が栄養と酸素不足を起こして硬くなってしまうのです。

 

特に、肩関節を覆うようについている「三角筋」が圧迫を受けやすいため、パンパンに張ってしまうという症状が出ます。

 

三角筋が張ってしまうと、三角筋が付着している骨の肩甲骨を背中の外側へと引っ張ってしまうので、肩甲骨についている首・肩・背中の筋肉まで引っ張られて筋肉疲労を起こしてしまいます。

 

それによって、首・肩・背中は血行不良を起こしてしまうので、筋肉が硬くなり、老廃物が滞ってしまうので、凝りや痛み、怠いなどの症状が出るようになります。

 

また、三角筋の硬さは、腕を上げにくくする原因の一つでもあるので、最近腕を上げ辛いという人は、横向きでの睡眠による三角筋の凝りが関係しているかもしれませんよ。

 

スポンサーリンク


 

横向きは巻肩になる!

1

横向きで寝ることが癖になってしまうと、肩が体の内側を向いてしまう巻肩になってしまいます。

 

巻肩になってしまうと、姿勢が崩れてしまうので、段々と猫背の姿勢をとるようになります。

 

すると、背骨が歪みを起こして、背中が丸くなってしまいます。

 

猫背の姿勢は頭が前に出ているので、それを支える首にはのすごい大きな負担がかかってしまうんですよ。

 

  • 首や肩には、頭を支える筋肉が何層にも重なってついていますが、これらの筋肉が疲労を起こして硬くなり、血行不良を起こして、凝りや痛みが出るようになってしまいます。
  • 背中が丸くなってしまうと、背中の筋肉が張ったままの状態が続くので、疲労を起こして硬くなり、血行不良による老廃物の停滞が原因で筋肉の代謝が落ち、背中に脂肪がつきやすくなってしまいます。
  • 背中に老廃物が溜まると脂肪がつきやすくなる他、古くなった肌細胞が回収されないままになるので、くすみや肌荒れを起こし、「大人ニキビ」が背中じゅうに出てきてしまうようになります。

 

こうした負のサイクルを止めるためにも、横向きで寝るのはやめるべきと言えますね。

 

しかし、横向きでないと中には寝られない人もいますよね。

 

そういった人は、敷布団の硬さを調整すると良いでしょう。

 

スポンサーリンク


 

寝具が原因で肩がパンパンに!

敷布団が硬すぎてしまうと体圧が分散されず、体の下敷きになった腕が圧迫を受けやすくなってしまいます。

 

ですが、逆に式布団が柔らかすぎても、体に負担がかかってしまうので、翌朝体に疲れが残ってしまいます。

 

仰向けで寝る人にもこれは言えることです。

 

寝具が体に負担をかけているということもあるので、肩こり・腰痛・背中の痛みが出るような人は、見直しが必要でしょう。

 

寝具が合わないと、

  • 寝つきが悪い
  • 眠りが浅い
  • 疲れが取れない

などとといった原因になり、疲れが蓄積してイライラしやすく、ストレスを抱えるようになります。

 

すると、ストレスが原因で筋肉や脳の緊張が緩まず、自律神経やホルモンバランスが乱れを起こし、体に様々な不調を引き起こしてしまうのです。

 

寝具やマットレスの買い替えを考え中の方にオススメです!



何度も寝返りをして熟睡出来なかったなんてことないですか?

 

硬すぎる布団では体圧が分散されず、体を点で支える状態になってしまいます。

 

また、腰の部分が浮いた状態になってしまうので、寝ている間も腰に負担をかけ続けてしまうことに。

 

柔らかすぎる布団では逆に腰の部分が沈みこみ、腰に負担をかけ続けてしまいます。

 

仰向けに寝ても横向きで寝ても、体を支える部分への圧力が分散される硬さの布団でなければ、寝ている間にも体に負担をかけることになってしまいます。

 

快眠を得るためには、体圧を分散し、首や腰の骨にあるカーブを寝姿勢でも保つことが出来る硬さの布団であることも重要です。

 

  • 体の疲れがなかなか取れない
  • 肩凝りや腰痛が悩み
  • 眠りが浅い

という人は、こうしたマットレスを利用してみてはいかがでしょうか。

 

朝の目覚めが断然違いますよ!

 

【マニフレックスの正規通販】




関連記事⇒肩が前に出ている巻肩姿勢は首肩コリを引き起こす&バストが垂れる!

関連記事⇒腰痛にオススメの抱き枕!これさえあれば体の自然なカーブもキープ!

 

まとめ

1

朝起きて、肩がパンパンに張ってしまうと、目覚めも悪く、気分も落ち込みますよね。

 

の歪みを引き起こす原因になる横向きでの睡眠は出来るだけ避けましょう。

 

ですが、それによって睡眠の妨げになってしまうようでしたら、この機会に式布団の見直しをしてみるのも良いのではないでしょうか?

 

朝の目覚めが良いと、体の調子も良く、活動的になりますよ!

スポンサーリンク


当サイトでよく読まれているこりの悩みを解消する記事です。

 

腕の付け根が痛い!その痛みの原因を凝りと決めつけるはまだ早い!

こりをつぶす!それって本当にやって良いこと?その施術間違いです!

今すぐ抜け出したい!ガチガチな首のコリが引き起こした頭のしびれ!

デスクワークでお尻が硬い!放っておくと凝り・痛みの原因汚尻に!

スマホ操作が肩こり・腕こり・ストレートネックを引き起こす原因に!

不妊の原因の一つは体の凝り!凝りをほぐして妊娠力を高めよう!

毎日の抱っこやおんぶが原因で腰痛が悩みの頑張るママを救い出せ!

肩こりはブラジャーのせい!寝る時につける下着に隠された原因。

お酒を飲んだ後に肩が凝る!それって肝臓が悲鳴をあげている証拠!

背中が痛い!長引く痛みは内臓の凝りが出してるサインかもしれない!

スポーツ選手多数愛用の磁気ネックレスは肩こりに効くのだろうか?

肩こりに効くスポーツといえば水泳でしょ!と言われ続けている理由。

鎖骨の下が凝る原因は姿勢にアリ!凝りをほぐして上半身の不調予防!

ふくらはぎの外側の張りをどうにかしたい!原因と美脚Getの方法!

ふくらはぎが反る【反り膝】は骨盤の歪みや関節痛を引き起こす。

ふくらはぎが硬くて冷たいその足に起こっていること起こること。

気になる右半身だけの凝り!その原因は普段の生活に答えがあります!

足首が硬いと正座ができない!【前脛骨筋】の凝りをほぐして即解決!

コメントを残す

このページの先頭へ